【コロンビア絶景】ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの魅力・行き方を徹底解説!

cr_bannaer

こんにちは!
旅人たちの英会話スクールCROSSxROADで留学後、現在世界一周中のライターFJ(@fujikko_sudachi)です!

時が流れるのは早いもので僕は世界一周を始めて一年の月日が流れようとしています。
今まで世界40ヶ国以上の国を周り、数々の絶景と呼ばれる素晴らしい景色を見てきました。

今回はそんな世界の絶景の中でも一際異彩を放ち、自信を持ってオススメすることができる南米のコロンビアの隠れた絶景、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールを紹介したいと思います。

※記事内、1コロンビア・ペソ=0.036円で計算しています

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

隠れた絶景!悪魔のタワー:ラ・ピエドラ・デル・ペニョール

このコロンビアのラ・ピエドラ・デル・ペニョールという名前を聞いたことあるでしょうか?
正直に言ってあまり有名では無いと思います。

世界の中でも知名度と絶景のレベルが釣り合っていない隠れた絶景スポットで、これから知名度が上がること間違いなし!

 

巨大な一枚岩、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールとは

コロンビアのラ・ピエドラ・デル・ペニョールは大きな一枚岩でなんとその高さは200mを超え、約7,000年前にマグマが固まってできた説が有力ですが、宇宙から来た隕石説というのも語り継がれています。

そんな説や圧巻の景色も手伝い、悪魔の岩悪魔のタワーと称されることもあるほどです。

少しミステリアスなストーリーを聞くと、冒険心をくすぐられますよね!

 

ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの名前の由来

ピエドラというのはスペイン語で「大きな岩、岩石」を意味します。
ペニョールというのはコロンビアにある街の地名です。

日本語に訳すと「ペニョールの大きな岩」と訳すのがいいかもしれませんね。

現地でラ・ピエドラ・デル・ペニョールの情報を尋ねる時、「ペニョール」と言うとだいたい分かってくれますが、ペニョールと言うのは単なる地名なので、勘違いを生まないように注意してください。

また、コロンビアでは基本的に英語が通用せず、スペイン語でのコミュニケーションが基本となります。
可能な方はスペイン語留学をしてからコロンビアを含む中南米を旅すると、旅で得られる満足度が格段に上がります!

 

ラ・ピエドラ・デル・ペニョールへの行き方2つを解説

まずラ・ピエドラ・デル・ペニョールの地図がこちらです。

 

トゥクトゥク

ラ・ピエドラ・デル・ペニョールへのアクセスは主にメデジングアタぺという街から向かうのが一般的です。

 

行き方その1:
メデジンからラ・ピエドラ・デル・ペニョールへ

コロンビアの第二の都市、メデジンからラ・ピエドラ・デル・ペニョールまではバスで約1時間半ほどでたどり着きます。
バスの運行本数も多く行くのは簡単ですが、注意しなければならない点として、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールのすぐ前では降ろしてくれません。

少し手前で降ろされるので、そこからトゥクトゥクか徒歩(15分ほど)、または馬で向かうこともできます。

 

行き方その2:
グアタぺからラ・ピエドラ・デル・ペニョールへ

グアタぺのインスタ映えスポット

最近インスタ映えで密かな話題を呼んでいるカラフルな町、グアタペからはバスかトゥクトゥクで30分もあればラ・ピエドラ・デル・ペニョールへアクセスすることができます。
グアタぺは元々小さな漁村だったのですが、村おこしの為に町中にペイントを施しました。
それが功を奏し、今では多くの観光客が押し寄せるインスタ映えスポットとなっています。メデジンからグアタぺは片道2時間ほどの距離で、グアタぺは小さな町ですので、3時間もあれば歩いて周りきることができます。
その為、日帰りでも十分楽しめますのでぜひグアタぺにも訪れてみてください!

 

ちなみに僕はグアタぺで3日間ほど滞在しましたが、漁村ということもあり、魚料理も豊富で美味しかったです。
旅をしていると魚を食べられる機会はどうしても少なくなってしまいがちですが、それを満たしてくれて幸せでした。

 

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

ラ・ピエドラ・デル・ペニョールからの絶景を紹介!

いよいよラ・ピエドラ・デル・ペニョールにたどり着くと、あまりにも大きなその姿に圧倒されます。
なんと言っても岩の間を縫うようにして造られた階段が印象的で、その姿から「靴紐」や「ジッパー」と称されることもあるのが納得できます。
このジグザグに造られた階段が740段ほどあるのですが、これを登った先には絶景が待っています。

 

740段の階段を登ろう!

チケットを18,000コロンビア・ペソ(約640円)で購入し、740段ある階段を登ります。

階段には時折、段数が表示されていて、現在何段登ったかを確認することができます。

階段を登り始めて驚くほどすぐに息が切れてきました。
それもそのはず、このラ・ピエドラ・デル・ペニョールの標高はなんと2,100mを越えます。

そんな標高の高いところで740段もの階段を登るので少し酸素を薄く感じて苦しいです。
実際に多くの人が肩で息をし、何度も休憩をしながら階段を上がっていく様子が確認できました。

しかし、そんな思いをして登った先には見たことの無いような絶景があなたを待っています。

 

辿り着いた頂上、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの絶景!

頂上は広場の様になっていて、いくつかの屋台やお土産屋さんが軒を連ねています。

僕も740段の階段をやっとの思いで登り、疲れたので屋台で美味しいパイナップルをいただきました。
絶景を眺めながら食べるコロンビアのパイナップルは絶品でした。

こちらが頂上からの景色。

特殊な地形が織り成すその絶景は世界でも類を見ない景色でしょう。
360度に広がるこの絶景は740段の階段を登った者のみ、見ることが許される絶景です。

辿り着いた頂上でしばらく動けずにこの絶景を眺めていたのは、疲労のせいじゃありませんでした。

<注意点>

高山病は2,400mを超えると症状が出始めると言われており、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールの標高は2,100mですが、階段を登るので、無理せず様子を見ながら楽しんでくださいね。

 

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール まとめ

隠れたコロンビアの絶景、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールはいかがでしたか?
世界でも確実に人気が出始めていますが、まだまだ知名度は低い様に思います。

実際に僕は訪れて撮影した写真をインスタグラムに投稿すると、日本だけでなく海外の友達からも「これはどこの景色なの?行きたい!」と多くのメッセージをいただくほどでした。

自信を持ってオススメできる素晴らしい場所なので、ぜひコロンビアのラ・ピエドラ・デル・ペニョールを訪れてみてください!(^^)

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FJ

世界一周ブロガー、Webライター。 10年間勤めた会社を辞め、3ヶ月のフィリピン留学を経験した後、徳島県のゆるキャラであるすだちくんと共に世界一周中。 語学、IT、格闘技に興味が有り、世界各地で学び、挑戦する事を生きがいとしています! 自ら運営する世界一周旅ブログ「FREE JOURNEY」では、そんなFJの日常や考えを発信しています!