英語初心者にはワーホリ前のセブ留学を心からオススメする5つの理由

セブにある旅人のための英会話スクールCROSS×ROADでライターをしているハナエです。

ワーホリをするにあたり、語学の心配がある方も多いと思います。英語の勉強といえば語学学校。語学学校があるのは、なにも先進国ではありません。

ここ数年、先進国でのワーホリや留学をする前にセブ留学をするのが人気となっています。なぜ、ワーホリ前のセブ留学が注目されているのか、ワーホリもセブ留学も体験した私がメリットをお伝えします。

1.先進国より低コストで留学できる

セブであれば、先進国の約半額で留学することが可能

ワーホリで行く先進国と、発展途上国であるセブでは、留学費用が大幅に異なります。

オーストラリアで留学する場合、1週間あたり250〜400ドルです。
3ヶ月留学すると3000〜4800ドル(約3900ドル:1AUZドル87円とすると、339,300円)となります。これは授業料のみです。

この費用に食費(1ヶ月約5万円)や滞在費(1ヶ月約7万円)が別途かかります。洗濯などはほとんどの場合ご自身でやる必要があります。全て合計すると約73万円かかります。

それに対し、セブで3ヶ月留学する場合は、365,000円と約半分ですみます。

(1日4時間のワンツーマンレッスン、2時間のグループレッスン平日3食と土日朝の食費、4人部屋の滞在費、クリーニングと洗濯サービス込み。旅人たちの英語学校クロスロードの場合。)

セブの語学学校は、学校と寮が併設されていることが多く、長い時間をかけて通学する必要がありません。そのため、勉強時間を長く取ることができます。

2.マンツーマン授業でスピーキングの時間を多くとれる

セブ留学のマンツーマン授業なら、1人ひとりのペースにあった授業を受けることができる

セブの語学学校の授業はほとんどがマンツーマン授業。先生が自分のためだけに授業を進めてくれるため、好きなだけ質問することができます。

先進国の語学学校のグループレッスンでは、おしゃべり好きな南米やヨーローッパ人に圧倒されて日本人が英語を話す機会がないということがときどきあると耳にします。しかし、マンツーマンの場合は生徒のペースに先生が合わせてくれるため、自分が話す時間もしっかりとることができます。

また、発音矯正授業や、カランメソッド(先生からの英語の質問に正しい文章で瞬時に返答していく授業)など、マンツーマン授業でないと実現が難しいものまで体験することができます。

3.ワーホリを想定した授業を受け、現地へ渡航後すぐに仕事ができる

ワーホリ先に着いてすぐに仕事探しができ、最長1年間働くことができる

私は、ワーホリ前に他の国で留学することの1番のメリットはこれだと思っています。

ワーホリを12ヶ月すると仮定し、3ヶ月まるまる語学学校に通った場合、本格的に仕事を始めるのは学校を卒業した後となり、仕事をできるのは9ヶ月となります。

それに対し、ワーホリ前にセブ留学で英語力を向上させ、履歴書作りや面接対策まで完璧に終わらせて渡航した場合、ワーホリ先に着いてすぐに仕事探しを始めることができ、より有意義に過ごすことができます。

1年間のうちのこの3ヶ月の差は意外と大きいです。

ワーホリ前にセブ留学で英語力を上げておけば、ワーホリ中に語学学校に入学する場合でも上位のクラスに入ることができ、他の人とはワンランク上の英語力を身につけることも可能です。

4.ワーホリ先に仲間を作れる

セブ留学中に出会った仲間から、ワーホリ先の情報収集ができる

私はワーホリ前にフィジー留学をしました。留学中に知り合った仲間の多くがオーストラリアのワーホリをしていたため、自分がワーホリに行く前は現地の生の情報を友人から聞くことができました。

また、ワーホリ中に運良く再会できた場合は、自分が行ったことのない地域の情報や仕事の話を聞くことができてとても参考になりました。

ネットに情報があふれている世の中ですが、仲間の話ほど信頼できる情報はありません。セブ留学でワーホリ仲間を作ってワーホリ中に情報交換をするのは本当にオススメです。

クロスロードで英語もワーホリのバイブルも両方学ぼう

クロスロードなら、ワーホリ英語を身につけながらワーホリ仲間も作れる

セブの旅人たちの語学学校クロスロードでは、初心者の方でもワーホリに向けてみっちりと英語力を身につけることができます。

基本的にマンツーマンレッスンは1日4時間(追加料金を支払って増やすことも可)、それに加えグループレッスンをすることで他の生徒さんからの刺激を受けながら習った英語を実際に使うことができます。

授業の内容は、文法、会話、カランメソッド、発音など、生徒さんが伸ばしたい英語力に合わせてカスタマイズすることが可能。ワーホリに行く方には、ワーホリ専用の教科書が用意されています。この本を進めながら、ワーホリのシチュエーションで必要な英語表現を学び、実際の生活に活かすことができます。

また、他の学校にはないクロスロードの魅力といえば、旅の仲間作りができること。ワーホリや世界一周前の人、旅から帰って来た人の話や旅の経験者のワークショップを聞きながら、自分の旅の仕方だけでなく生き方まで考える機会が多くあります。

なお、仕事や費用との兼ね合いがあるとは思いますが、私がオススメの留学期間は3ヶ月です。
1ヶ月で英語に慣れる、2ヶ月目には少し話せるようになる、3ヶ月目くらいでそれまで勉強したことが表現できるようになるといった実感がありました。

まとめ

このように、ワーホリ前にセブで留学することには、費用面だけでなくマンツーマンレッスンや仲間作りなど多くのメリットがあります。

私もワーホリ中にセブ留学経験者に多く会いましたし、そのままオーストラリアに渡航した人の中には「セブ留学しておけばよかった」と言っていた人もいました。

英語力も海外適応能力も向上させることができるセブ留学、ぜひワーホリ前に体験してみてはいかがでしょうか。

これからワーホリに挑戦する方へ

私たちはワーホリ準備コースを用意しているセブの英会話スクールCROSS×ROADです。

  • ワーホリ英語カリキュラム
  • ワーホリアドバイザー常駐
  • 卒業生による各国のワーホリコミュニティ
  • ワーホリ後の進路相談
  • 事前学習サポート

など、ワーホリ前から終了後までサポートをしているセブの唯一の学校です。

リンク先でさらに
【ワーホリ中に仕事以外で稼ぐ方法(バスキング編)】
のPDFをプレゼントしています。

ぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADの世界一周コースのページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hana

27歳で看護師を辞め、2015年から海外へ。フィジー留学、オーストラリアワーホリ、セブ留学を終え一旦日本に帰国。その後、ライターを目指し再びセブへ。 オーストラリアでの経験を交え、ワーホリについてのノウハウを語ります。 趣味は旅行と音楽。