セブ島で幸せ太り!セブ留学を満喫するための語学学校・レストランの食事ガイド

cr_bannaer

こんにちは!

セカパカライターの盛尾です。

 

「語学学校のご飯っておいしいの?」、「フィリピン料理って美味しくなさそう」という声を聞いたことがありませんか?

 

私は、セブ留学の半年で約10kgも太りました(笑)。
・・理由は、セブのおいしいレストランに通いまくったからです。

セブ留学を良い思い出にできるか否かは、おいしいご飯にかかっていると言っても過言ではありません!

そこで今回は、セブ留学中の語学学校の食事、おいしいレストラン情報、予約の仕方などをご紹介します。

※記事内のレートは1ペソ=2.1円で計算しています。

 

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

セブ島留学の語学学校の食事を紹介

私が通っていた学校の食堂はこんな感じでした!

セブ留学の語学学校のご飯っておいしいの?

私が通っていたQQ Englishのご飯はおいしかったです!

朝昼晩ご飯すべてビッフェ形式で好きなものを取って食べていたのですが、毎日違うメニューだったのであまり飽きはきませんでした。

日本資本の学校だったので、メニューはお米、パン等の炭水化物、汁物、サラダ、日本食やフィリピンのおかず、新鮮なフルーツがありバランスの整ったご飯が食べられます。

ただ場所がフィリピンなので、日本料理でも味付けがフィリピン風だったり、お米がパサパサしていたり、日本と全く同じクオリティーを求めるとがっかりしてしまうかもしれません。

 

語学学校のご飯が一番安全

なんだかんだ言って、語学学校で提供されるご飯が一番安全です。

セブでは清潔な水、新鮮な野菜、剝きたてのフルーツでないとお腹を壊す場合が多いからです。

実際に、お腹を壊している人は学校外のレストランで食べた人が多くいました。

もし外食がどうしても怖いという方は、語学学校の食事にこだわって学校選びをしても良いかもしれません。

 

勉強のスキマにおやつ

勉強に甘いおやつは必需品ですよね。

ということで私は近くのスーパーでおやつをまとめ買いして休憩時間に食べていました。

セブは気温が高いのでチョコレートやアイスクリームは一度溶けてまた固まったものが多く、味も日本のおやつの方がおいしいという人が多かったです。

ただ海外らしい日本にはない甘いおやつがたくさん売っているので、先生との話題作りとしても一度挑戦してみるのも良いと思います。

 

 

セブ島での外食情報について紹介

手で食べるフィリピンの伝統料理が食べられるレストランでの様子です。ITパークにありました。

気になるローカル食

ローカル食にもいくつか種類があるので食べられる場所別にご紹介します。

モールなどに入っているフィリピン料理のレストラン

基本的に現地の方はお米が大好きなので、お米をたくさん食べます。

なのでフィリピン料理はお米に合う味の濃く、脂っぽいおかずが多いです。

モールなどに入ってるフィリピン料理のレストランは、日本食と同じくらい値段が高いことがありますが、清潔感がありおいしく安心して食べることができるのでぜひ挑戦してみてください。

現地の人の御用達「カレンデリア」

現地の人がよく利用する小さな食堂のようなところをカレンデリアと言います。

1食100ペソ前後でお腹いっぱいというリーズナブルな食堂!

ただカランデリアは外国人があまりおらず、食べたいものを指さしで注文していく難易度高めのスタイルなので慣れるまではフィリピン人の方がいればより安心でしょう。

 

路上販売

路上で軽食、おやつ、飲み物を売っているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

少し小腹が空いたときにピッタリです。

路上販売はその場で作って置いているため、清潔感に欠けていたり、時間が経っているとお腹を壊す可能性があるので注意してください。

 

恋しくなる日本食も食べれる

セブでは日本人が経営している日本食レストランがたくさんあるので、日本が恋しくなったらすぐに駆け込むことができます。

セブにいると日本食は高く感じるかもしれませんが、値段は日本で食べるのと変わらないくらいか少し安めなので安心して食べることができます。

「Izakaya GOKU」

:居酒屋とありますが、お昼にはランチメニューもあり、お手軽に日本食を食べることができます。

営業時間:6:00am~10:00pm

場所:GAGFAタワーの1階

平均価格:500ペソ(約1,050円)

 

リッチなホテルの食事

なんとセブでは5つ星のホテルのディナーを日本のランチくらいの感覚で楽しむことができます。

日本では到底手が届かないホテルディナーやランチもセブなら行けちゃう!という海外に来ている恩恵を存分に受けてきてください(笑)。

「Radisson blu Hotel」

:豪華なビッフェがお腹いっぱい食べられます。

営業時間:6:30am~22:30pm

場所:SMモールの隣

平均価格:1600ペソ(約3,360円)

 

コスパ良し中華

世界で一番安いミシュラン1つ星の中華レストランがセブにあります。

こちらも日本で行くには少し勇気がいりますよね。

そんなレストランこそセブで楽しみましょう。

「Tim Ho Wan」

営業時間:10:00am~10:00pm

場所:SMシーサイド内

平均価格:400ペソ(約840円)

 

観光ブックに必ず載っている話題のレストラン

近年インスタ映えするオシャレなレストランやカフェがたくさんあります。

行ったらつい写真を撮りたくなっちゃうこと間違いなし!

「The Pyramid」

営業時間:11:00am~3:00am

場所:ITパーク内

平均価格:600ペソ(約1,260円)

 

女子必見のスイーツ

フィリピンにはハロハロやマンゴーフロート、シェイクなど有名なスイーツがあります。

有名スイーツ以外にも可愛いケーキ屋さんやジェラート屋さん、タピオカミルクティーのお店があるので、ぜひ行ってみてください。

「Maribago Grill and Restaurant」

営業時間:10:00am~10:00pm

場所:マクタン島

平均価格:500ペソ(約1,050円)

 

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

セブ島のレストランについて調べる方法

ホテルにご飯を食べに行ったときの写真です。こんな高級そうなホテルにも行けちゃいます!

現地で有名なグルメサイト

日本に食べログ、ぐるなびがあるようにセブにもグルメサイトがあります。

だいたいのレストランは以下のサイトで調べられ、英語も簡単で分かりやすいものが使用されているので時間をかければ理解できると思います。

ただフィリピンでは日本ほどネットが発達しておらず、レストランの情報がグルメサイトにすぐに反映されていないことが多いので必要があれば電話で事前に確認しましょう。

  • Zomato…載っていないレストランはないかもしれないくらい多くを掲載しているグルメサイト。情報が古いこともあるので要注意。
  • Tripadvisor…レストラン情報、セブ以外の情報もたくさん見ることができます。
  • セブ島留学マナビジン…日本人の方が運営しているメディアなので日本人目線で安心して調べることができます。

 

レストランの予約方法

予約は基本的に直接電話で行ってください。

グルメサイトの中には、日本のようにネットやメッセンジャー上で予約を受け付けているところもありますが、レストランの人が逐一チェックしているわけではないからです。

また、大人数で行く場合や金曜日の夜は混み合って入れないこともあるので、予約をすることをオススメします。

 

予約時に役立つ英語表現

I’d like to make a reservation for two people at eight tonight.

(今夜8時に2人で予約したいです。)

 

チップは払ったほうがいいの?

チップの文化はフィリピンにはないので基本的に払わなくてもOKです。

現地の方はコインや20ペソ札など小さいおつりをチップとして置いていくこともあるので、払いたければ払っても良いでしょう。

チップを払うときは、レシートの中にサービスチャージが含まれているかどうかを確認し、含まれている場合は二重で払うことになるので注意してください。

 

 

セブ島のレストランで注意すること

路上販売でマンゴーを買いました!その場で剥いてすぐのフルーツを購入するようにしてください。

水道水が出されていないか確認

最初に出されるお水や氷は水道水であることが多いです。

店員さんにお水が水道水でないことを確認して、もし水道水だった場合は口をつけずお水を注文しましょう。

ここでお金を払わずケチってお腹を壊しては余計にお金がかかります。

 

口につけるところはティッシュで拭く

ビールの飲み口やスプーン、フォークなどは、食事前にティッシュで拭きましょう。

ビール瓶は飲み終わった後再利用されており、洗っているとはいえ拭くとティッシュが黒くなるくらい汚いです。

直接口につけるところなので、できる限り清潔にしてください。

 

 

まとめ

私がセブで太った理由が分かっていただけましたか(笑)?

語学学校のご飯もセブのレストランもおいしいものがたくさんあります。

最低限の注意は払いながら、セブ留学中の食生活を楽しいものにしていただけたらと思います。

 

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です