【アクトハウス在校生インタビュー】IT・ビジネスが学べるフィリピン留学を突撃取材!

こんにちは。
ただいまアクトハウス密着取材中のセカパカライターそうま(@Soh0806)です。

この記事では、アクトハウス在校生のインタビューを通して、実際の学習スタイルや今後の目標などの生の声を集めて、これからアクトハウスの留学を検討している方々のためになる情報をお届けしたいと思います。

インタビューさせていただいた生徒の皆さんは、2017年10月から2018年3月までの6ヶ月間の留学コースを受けられている方です。

このインタビューの収録は12月上旬頃でしたので、それぞれアクトハウスで2ヶ月ぐらい過ごした期間を振り返り、インタビューに答えてくれました。

この記事の著者である私そうまは、2017年4月〜9月まで半年間、アクトハウスで留学をしていた卒業生です。今回、あくまでライターの仕事として取材させてもらいました。決して、入れ知恵を働かせたヤラせ記事ではありません(笑)。
質問した内容はこの3つです。

  1. アクトハウスに決めた理由は何ですか?
  2. アクトハウスの授業はどうですか?
  3. アクトハウス卒業後のライフプランはどのように考えていますか?

目次

今回インタビューに応じてくれた方々をご紹介します☆

世界を40カ国以上旅してきた!たかさん

礼文島ツアーガイドのケイコさん

ドラムをこよなく愛するトシさん

ちなみに、インタビュー場所はセブ市内にある、TomTomCoffee(トムトムコーヒー)です!

そうま
皆さん今日はよろしくお願いします〜!
タカさん
はーい!
ケイコさん
はい!
トシさん
ハイ!

注意)このポーズは、決して私がお願いした訳ではありません。これは、個性が強烈なケイコさんのお気に入りポーズです。

 

質問その1. アクトハウスに決めた理由は何ですか?

そうま
皆さん、フィリピン留学でアクトハウスを選ばれた理由には何かきっかけがあったのでしょうか?ぜひお聞かせください!!

「転職活動をしていた時に、フリーランスに興味が湧いてきた。」from トシさん

トシさん
僕はちょうど会社を辞めてから、転職活動をしていた時にアクトハウスのことを知ったんですよね。
そうま
おっ、そうなんですね!それは、たまたま知ったのでしょうか?具体的に教えてもらえますか?
トシさん
その転職活動中に、コワーキングスペースによく行っていたんですね。ある時そこで、フリーランスという働き方があることを知ったんです。元々転職することも迷っていたのもあり、すごく興味が湧いたんですよね。それでフリーランスになるには、一定のスキルがいるなって思ったんです。
そうま
なるほど〜!それから、留学を考えるようになったんですか?
トシさん
実は会社を辞めてから、1ヶ月間プログラミングスクールに通っていたこともあり、さらに知識を深めるために海外でIT留学ができるところがないか探して、それでアクトハウスをたまたま見つけたんです。ちょうどお盆の時だったかな。もう即決でしたね(笑)。

単なるITを学べる環境だけではなくて、自習する時間やアウトプットできるスタイルに惹かれましたね。ここなら、フリーランスにもなれるかなって思ったんです。あっそうだ、その時にそうまさんのブログも読ませてもらったんですよ。

そうま
おぉ、ありがとうございます(笑)。嬉しいなぁ

 

「縛られずに自由な生き方を送りたい!」from ケイコさん

ケイコさん
私、礼文島(れぶんとう)っていう北海道の近くにある島でトラッキングガイドとして働いていたんですよ。礼文島って知ってます?
そうま
いや知らないです(笑)。初めて聞いたなぁ。ってことは、ケイコさん、旅とか自然とか、アクティブなことが好きそうですね。

ちなみに礼文島はここです。

ケイコさん
はい〜そうなんです。私縛られずに生きたいという思いが強くて、大学卒業後もまともに就職活動しなかったんですよね。礼文島はシーズン毎に働いてたんですが、その他にはレストランやホテルだったり日本全国いろんなところで活動していたんですよ(キラリ)。
そうま
面白い経歴をたくさんお持ちですね!それからどのようにアクトハウスの留学につながっていったんですか?
ケイコさん
ちょうど礼文島で過ごしていた時だったんですが、これからの将来のことを考えていたんです。縛られずに生きていきたい私は、その時に「何か新しいことを学びたい!」という衝動に駆られたんですよね。

その時にネットで”IT留学”で検索して、アクトハウスのことを知ったんです。元々20歳の時に、カナダで留学した経験もあって、また英語留学もしたかったので、これだって感じでしたね。

そうま
なるほど〜!その縛られず生きるための手段を学びに、アクトハウスへ来られたということですね。

 

「やるなら今しかない!30代の始まりに大決断。」from タカさん

そうま
すみません。タカさんのご年齢とか聞いてもいいですか?(唐突)
タカさん
えっとですね、31歳になりますね。
そうま
てっきり、僕と同じぐらいの年齢(27歳)かと思いました!
タカさん
それは、どうとればいいんでしょうか(笑)。私は、年相応に見られた方が実は嬉しいんですけどね(笑)。
そうま
ひぇ〜〜、ごめんなさい(汗)。ちなみに30歳になられた時ってやっぱり感覚って違いますか?僕もアラサーなので、すごく興味ありますw
タカさん
私は、長年理学療法士として働いていたんですが、仕事自体に不満はなく楽しくやらせてもらっていたんですけど、30歳になったタイミングで、これからも淡々と進んでいく自分の人生に少し不安を感じたんですよね。そこで一文無しになってもいいから、何か新しい大きな挑戦をしたいな!っていう想いが強くなったんですよ。
そうま
なるほどー!それからアクトハウスという学校に巡り会うわけですね。
タカさん
そうです。この先英語とプログラミングの必要性についてはよく感じていたので、それを学べる留学を調べていた時にたまたまアクトハウスを見つけました。アクトハウスは他の留学と比べて違い、ビジネスも学べるというカリキュラムに魅力を感じて決断しましたね!

 

質問その2. アクトハウスの授業はどうですか?

そうま
それでは、次にアクトハウスの授業面についてお聞きします。留学中の過ごし方や授業の感想などあったら、ぜひ教えていただきたいです。

「実践的な内容が多い。具体的に何をするか事前に形にしていたらより効果的。」from タカさん

タカさん
アクトハウスの授業ですが、英語に加えてプログラミング・デザイン・ビジネスを勉強するのでどれも中途半端になるのかなぁと思ったら、それぞれ実践的な内容が多くてびっくりしました。
そうま
それはどういう意味で実践的なのでしょうか?
タカさん
メンターさん(先生)達が、現場で実際に仕事としてやる時のシチュエーションに置き換えて、ノウハウを教えてくれるのでとても実際的だなぁって思うんですよ。

そしてビジネスの授業では自分のビジネスプランについて考えることができるので、アクトハウスで受ける授業をどのように自分に吸収していくか具体的に考えることができます。

そうま
なるほど!そのビジネスプランのメリットについて、更に教えてもらえますか?
タカさん
例えば、自分の分野としてプログラミングを重点的に力を入れることに決めていれば、それを生かした転職やフリーランスという目標を具体的に設定することができます。そして、それを達成するために何をするかも考えていきます。これが意外と難しい。。。

なので、留学前からある程度でもいいので、事前にどの分野で力を入れておくのか考えられていたら、早いうちからスタートダッシュできるのかなって思いますね

 

「6ヶ月間の目標進捗を振り返るための課外授業がある」from トシさん

トシさん
僕は元々プログラミングスクールにも行っていたのもあり、ある程度IT系の知識があった分、留学中はただ授業で与えられたことをこなすだけだったら意味がないなぁって思ってたんです。
そうま
先ほどもアクトハウスの自習時間が多く取れるスタイルに魅力を感じていたって言っておられましたね!
トシさん
はい。それでアクトハウスでは6ヶ月間の目標設定と進捗を振り返るためのシートとその課外授業があるんですけど、それが結構ためになってるんですよね。今の授業の内容をどれだけ自分が習得できているか、そして最終的な目標に向けて今どの地点にいるかがわかるようになっているんです。
そうま
えっ、あの目標管理シートですか?僕の時もありましたが、ぶっちゃけ活用はしていませんでした(笑)。しかも目標管理のための課外授業があるとか、すごい進化してるな〜!
トシさん
そうだったんですね!メンターさんによる目標達成するための具体的な方法とか効果的な学習法とか教えてくれるんで、すごくためになってますよー。また個人的にメンターさんに色々相談できるのも、良い環境だと思いますね。

 

「全ての授業内容を勉強するのって結構大変。何に比重を置くかが大事なのかな。」from ケイコさん

ケイコさん
もう毎日が濃ゆすぎて、やばいです!最初の1ヶ月は、秒で終わりましたね(笑)。本当、あっという間。
そうま
なるほど〜!その気持ちわかるなぁ。勉強も遊びも充実してるって感じですかねぇ。
ケイコさん
そうですね。それが勉強なんですが、思った以上に大変なんです!英語については元々留学経験あるので、ある程度目標持ってやれるんですが、経験のないプログラミングは本当全てが新しいことだらけなので、ついていくのに必死っていう感じですね(泣)。4つの教科全てを平均的に勉強するのも結構大変ですよね…!
そうま
その気持ちも、痛いほどよくわかります!僕も苦労しましたねー。それでは、授業ではどのように取り組んでいるんですか?
ケイコさん
私は今英語に力を入れていて、もうすぐTOEICを受けることにもしています。プログラミングは予習・復習絶対!って感じですかね。

メンターさんや、バッチメイトに助けられながら頑張ってます(笑)。今後は、自分のやりたいことをもっと明確にして時間を上手く使えるようにしていきたいですね〜!

 

質問その3. アクトハウス卒業後のライフプランはどのように考えていますか?

そうま
皆さん、アクトハウス卒業後はどのようなライフプランをお考えでしょうか?ぜひとも教えてください。

「プログラミングスキルを生かしてフリーランスもしくは国内転職を。そして近い将来はハワイで生活したい!」from トシさん

トシさん
元々フリーランスという生き方に惹かれてアクトハウスへ来たので、その夢を是非とも叶えたいですね!どちらにしろ、プログラミングスキルを生かして企業に就職することも考えています。
そうま
良いですね〜!ちなみに海外で生活したいという夢はないんですか?
トシさん
ありますよー。僕ハワイがすごく好きで、大学生の時にハワイに行ったあの感動的な思い出が未だに忘れられないんですよね。将来、景色がきれいなハワイのビーチサイドでコーディングできていたら最高っすね!(笑)あとドラム活動も続けますよー!

 

「日本で新しいビジネスを始めたい!セブではイベントを立ち上げて集客方法を学びますよ〜。」from タカさん

タカさん
私はまだ煮詰めている段階ですが、日本で自分のビジネスを始められるように考えています。当面は理学療法士としての仕事を片手間でやりながら、アクトハウスで得たスキルを使ってスタートアップできたらって思っています。
そうま
良いですね〜!ぜひ応援させてください。その卒業後のプランのために、今アクトハウス在学中にやろうとしてる事があったらぜひ教えて欲しいのですが、いかがでしょうか?
タカさん
はい。自分の趣味である旅の経験から、セブで大きなイベントを開催しようと思っています。SNSマーケティングなど集客の方法は、いずれも今後必要になるスキルだと思うので、しっかりやっていきたいですね。

 

「海外フリーランスになりたいです。ボディマッサージの資格もとって世界を旅しながら働きたい!」from ケイコさん

ケイコさん
私は、縛られずにどこでも生活できるライフスタイルを達成したいので、フリーランスになりたいです!正直何か特定のスキルっていうのは、具体的には考えられてないんですが、とりあえずボディマッサージの資格は近々取ろうと思ってます。すごく興味あるんですよね(笑)。
そうま
良いですねー!自分のメディアを持って世界を飛び回るボディマッサージ師っていうのも面白そうですね!
ケイコさん
それ、いいですね〜。そのためには、自分のサイトを早いとこ作っておいた方が良いってことですね!そうなるとプログラミングもデザインも、もっと勉強頑張らなきゃっ!ちょっとこれからまた気合い入れていくことにします〜☆

 

まとめ:具体的な目標設定は、留学ライフをより良いものにする。そしてそれを生かすも殺すも、自分次第。

英語・IT・ビジネスが学べる留学、アクトハウス。

そこで実際に学んでいる人たちの学習意欲は高く、それぞれの将来を見据えて確実な一歩を歩み出している姿を垣間見ることができました。

どんなに良い環境であっても、それを生かすも殺すも自分次第。

”具体的な目標設定”と、それに応じて”今何をすべきか”考えていくことの大切さ。

アクトハウスという複合的に学習できる環境だからこそ、ー個人の明確な意思が必要不可欠であることも知ることができました。

今回、インタビューに応じていただいた3名の皆さん本当にありがとうございました。

そしてこの記事から、少しでもアクトハウスへの留学を検討していただける方がおられましたら、とても嬉しく思います。

 

アクトハウスについて、詳しい情報を知りたい方はこちらから

 

これからフィリピン留学を考えている方へ

私たちはセブで旅人のためのの英会話スクールCROSS×ROADを運営しています。

  • 世界一周準備コース
  • ワーホリ準備コース
  • 海外就職準備コース
  • ベーシック会話コース

の4コースがあり、実力にあわせて完全オーダーメイドの英語カリキュラムを作り、全コース共通で留学までの事前学習からサポートします。

セブ留学を検討している方はぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADのHPで詳細情報をご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

そうま

フィリピン・セブ島拠点のWebライター・ブロガー・筆文字アーティスト。27歳で会社を退職し、単身セブにて英語・IT留学アクトハウスへ。ブログサイト名、Sohmac(そーまっく)運営。セブを拠点にしたフリーランスという、20代後半で新しい生き方に挑戦し続けるリアルな心情をブログで発信しています。