世界一周の持ち物を極限まで減らすたった2つのポイント

セブにある旅人のための英会話スクールCROSS×ROADでライターをしている喜多です。

「世界一周しよう!」と決めてから、色々と悩むことはあると思います。

その中でも何持って行こう?って悩んでいませんか?

「持ち物が少ないと不安だけどあまり多くも持っていきたくない・・」

という方に「世界一周の持ち物を減らす2つのポイント」について紹介していきたいと思います。

これから世界一周する方には参考になると思いますのでぜひ読んでみてください。

 

Point1. 最低限必要な持ち物だけを持っていく

まず一つ目のポイントは「無駄な物は持っていかない」ことです。

基本的に、

  • 日本でしか手に入らない
  • 日本で買った方がクオリティが高い(海外で安く買ったものは使い物にならないレベル)
  • 海外では手に入れるのが大変

というもの以外は現地で調達するようにして、最低限必要なものだけを持っていくようにしましょう。

 

1-1.最低限持っていくべき12のモノ

とは言っても何を持っていけばいいのかわからないと思うので、実際に世界一周した僕が今からもう一度世界一周するとして、日本から持っていくものを紹介します。人によって必要なものは違うと思いますが参考にしてみてください。 

・パスポート

パスポートは言うまでもなく必需品ですね。これがないとまず日本から出られません。

パスポートはコピーも必ず取っておきましょう。

旅中にパスポートが必要な場面は、

  • 両替
  • バスなどのチケットを買う時
  • 宿のチェックイン
  • お酒を買う時の年齢確認

など意外と多くあります。

僕は常にパスポート持っておくと無くしそうなので基本宿に置いています。(それはそれで盗難の危険もありますが・・)

本物のパスポートを使うのは空港ぐらいでそのほかは基本コピーで済ましています。

 

・リュック 45L

 

[マムート] バックパック Neon Gear 45L 121 graphite

メインで持つバッグです。基本的にこれに全て詰め込みます。

旅中はずっと持っているものなのでここはケチらずにいいものを買うことをオススメします。

アウトドア用のしっかりしたブランドのリュックは安物に比べて持つところがしっかりしていて荷物が軽く感じられます。

また防水でない場合はバックパックカバーも一緒に買いましょう。

雨で着ている服が濡れるのはまだ乾けば済みますが、カバンの中身が濡れてしまうと電子機器が故障してしまう恐れがあります。

45L以内の荷物なら機内に持ち込むことができるので、(刃物やスプレー缶などは持ち込み不可)荷物が出てくるまで無駄に待たされたり、※ロストバゲッジの心配もありません。

ロストバゲッジ

航空会社の手違いで荷物だけ別の空港に運ばれてしまうこと。

荷物が届くまでに日数がかかったり、最悪荷物を紛失してしまうこともある。

 

・クレジットカード

現金を大量に持ち歩くのは強盗や盗難の恐れがあるのでクレジットカードは必需品です。

最低でも3枚は持っておきましょう

一つは財布に、もう一つはカバンのポケットに、もう一つはカバンの違うポケットに、という様に同じところで保管せずに分けて持っておく様にしましょう。

僕はペルーでカバンを盗まれたのですが、違うカバンにクレジットカードを分けて入れておいたおかげで助かりました。

VISA、MASTERがあればほとんどの国で使えます。

 

・スマホ

eチケットの管理やホテル・ゲストハウスの予約、アプリの地図や電卓、現地の情報を調べたり自炊本を読んだり音楽を聴いたりとスマホは海外でも必需品です。

カメラもどんどん高性能になっているので、写真に強いこだわりがないのであればスマホで十分だと感じる人もいるかもしれません。

SIMフリーのスマホを持っていると現地で買ったSIMカードを使えばWiFiがないところでもインターネット接続が可能です。

 

・アメニティ

ゲストハウスなどの安宿にはシャンプーやボディソープなどは基本的に置いてありません。

シャンプーやボディソープなどはどこでも手に入るので、あまり大きいものを持っていかなくても、現地で買い足していけばいいと思います。

体を洗うタオルと耳かきと爪切りは海外では手に入りにくい上に、手に入ってもクオリティが低いので日本で買って持って行くことをオススメします。

 

・服

服は持ち物の中で一番容量が大きくなるので、服をいかに減らすことができるかが荷物を減らせるポイントになってきます。

基本、旅中はTシャツに短パンスタイルなので、暑い地域ならTシャツ3枚と短パン2枚あれば十分です。

服はどこでも買えるので買い換えるのを前提に持っておくぐらいでOKです。

海外のバスや電車などの公共交通機関はエアコンがガンガンにかかっていて、かなり寒いことがあるので、サッと取り出せるところにアウトドア用の小さくなるパーカーなどを入れておくと役立ちます。

服は圧縮袋に入れておくとかなりコンパクトに持ち運ぶことができます。

 

・変換プラグ

MOCREO®安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

国によってコンセントのプラグの形が違うので間に入れる変換プラグが必要になります。

一つでどこの国でも使えるようになっているものがあるので、それが一つあれば基本的にどこの国でも使えます。

 

・パソコン

荷物としては大きくなってしまいますが、航空券のチケットを取るときや調べ物をするときに、どうしてもスマホの画面じゃ小さくて見づらいと思います。

少し重いですが、スマホの容量がいっぱいになったときにデータを移したりもできるので余裕があれば持っていくことをオススメします。

 

・カメラ

スマホのカメラの性能が上がって綺麗になったとはいえ、やはり一眼レフには勝てません。

一眼レフを使ったことがない人でもオート設定でそれなりの写真は誰でも撮れます。

せっかくの旅行なのでいいカメラでいい写真を残しましょう。

 

・ポータブルHDD

BUFFALO 耐衝撃 【米軍納入品規格 MILスタンダード「MIL-STD-810F 516.5procedure IV」 準拠】 ポータブルHDD 1TB インディゴブラック HD-PZ1.0U3-BC

カメラとパソコンを持って行くなら持っていきたいのがポータブルのHDDです。

小さいものでも1Tぐらいの容量のものがあります。

出会った旅人とデータを交換するのにも使えます。

 

・町歩きショルダーバッグ

[ポーター] PORTER TANKER タンカー マルチポーチ ショルダーバッグ 622-09231 (ブラック/10)

ちょっとした街ブラの時に全部荷物を持って行くのは重いしめんどくさいので、財布と携帯を入れるぐらいの小さなショルダーバッグがあると便利です。

また、ポケットに携帯や財布を入れておくとスリの恐れがあるので小さなバッグは防犯にもなります。

 

・モバイルバッテリー

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 A1271012

僕は旅中はガイドブックも地図も電卓も宿の予約もほとんどのことをスマホで済ましていたので、スマホの充電がなくなると結構困りました。

持ち運べるバッテリーがあれば充電切れの心配がありませんので一つは持っておくといいと思います。

 

Point2. 現地で手に入れる

アフリカの奥地や先住民族が暮らす島などに行かない限り、世界中ほとんどの人が服を着て、お風呂に入って、電気が通ったところで暮らしています。

なので、世界中のほとんどの場所で私たちが暮らす上で最低限必要なものは手に入ります。

ただ、慣れるまではものを手に入れるまで少し手こずる場合があるので、現地で必要なものを手に入れるコツを紹介します。

 

2ー1.買う場所を選ぶ

「ほとんどのものは現地で買えるよ」と言われてもイメージしづらいと思います。

スーパー、薬局などは大体どこの地域にもありますのでgoogleで「地名 スーパーマーケット」などで調べましょう。

発展途上国などでその地域にスーパーや薬局がない場合は、その地域の市場やナイトマーケットなどを探してみましょう。

規模にもよりますが色々なものが売っているので、そこで手に入るかもしれません。

 

2-2.交渉する

 

現地での買い物は「外国人だから」という理由でかなり値段はふっかけてきます。

初めから値札が貼っているもの以外は必ず値段交渉しましょう。

最終的に最初言っていた値段の10分の1ぐらいになる時もありますが、相手に悪いと思う必要はありません。

10分の1でもあなたがその値段で買えたということはほぼ確実に現地の人よりは高い値段で買っているはずです。

値切り交渉は値段を下げて節約するという目的ですが、次第に値段交渉自体が楽しくなってきます。現地の人との会話を楽しみながら少しでも節約して旅をしましょう!

 

3.まとめ

旅の荷物を減らす方法について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事で紹介した、

・必要最低限のものだけを持っていき、
・必要なものはその都度現地で手に入れる

というスタンスで旅をすれば荷物は極力減らせます。 

少ない荷物で旅をすることは不便なこともあるかもしれませんが、現地の人と同じ店で買って、現地の人と同じものを使えば現地の人の生活を少しでも感じられるかもしれません。

せっかくの旅ですので、「不便も楽しむ」ぐらいの気持ちで旅をしましょう!

これから世界一周をしたい旅人の方へ

私たちは世界一周準備コースを用意しているセブの英会話スクールCROSS×ROADです。

世界一周した4人が運営している学校で、記事を書いているインターン生も世界一周経験者です。(ワーホリとフィリピン留学の記事は違います。)

CROSS×ROADでは、

  • 世界一周用の英語カリキュラム
  • 世界一周のルート作りサポート
  • 卒業生限定の旅中トラブルサポート
  • バックパッカーコミュニティ
  • 旅後のキャリアサポート
  • 事前学習のサポート
  • など世界一周を考える人にとって最高のコースを用意しています。

世界一周を考えるのであれば、ぜひ一度CROSS×ROADのHPをご覧ください。

リンク先でさらに
・6ヶ月前から始める旅の準備リストと裏技
・世界一周費用大公開!
という2つの無料PDFをプレゼントしています。

ぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADの世界一周コースのページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です