本当のジブンに出会う旅|中年バックパッカーの孤独と絶望と希望の世界放浪記

みなさんは「旅」というキーワードから、どんなことをイメージされるでしょうか?

自由、夢、絶景、出会い、仲間、美味しい食べ物・・・?

そしてみなさんにとっての「旅」とは、一体どんなものでしょうか?

 

はじめまして。「おすぎ」です。

2017年2月、アルゼンチン「イグアスの滝」の近くの街「プエルト・イグアス」にて。

このちょっと変わったニックネームは、僕が世界一周に出る前に滞在したフィリピン・セブ島の「旅人が集まる」英語学校「CROSS x ROAD」で、インターンの女の子がつけてくれたものです。

僕は今42歳で、独身。1年半前に勤めていた職場を退職して、世界一周の旅に出るべく、フィリピン・セブ島への片道航空券を購入しました。

世界一周するために必要な英語を学びたかったからです。

そもそも僕は、日本にいるときはあまりパッとしない、どこにでもいるような凡庸な人間でした。そしてそれは今でもあまり変わっていないようです。

仕事でもミスばかり、社会にうまく馴染むことができず、大学を卒業して以降はちょっとした生きづらさのようなものを感じながら、周囲にいつも迷惑ばかりかけていた僕ですが、

この1年以上にも及ぶ旅を通じて、自分がそれまで暮らしていた日本という国と、そこで暮らしていた自分自身を多少ではありますけれど、客観的に眺めることができるようになったと思っています。

それは、自分自身について知るための、とても貴重な時間でした。

冒頭に投げかけた質問は、僕が旅中に、あるいは旅が終った(中断した)今も、僕が僕自身に投げかけ続けているものです。

旅ってなんなんだろう、僕にとっての旅ってなんだったんだろう、

自分はどうして旅に出たんだろう、旅に出てどうしたかったんだろう、

そして旅に出ることで、自分にどんな変化が生じたんだろう・・・。

そんなことをこの連載を通じてみなさんとシェアできたら、みなさんの「旅」を、ささやかではあるかもしれないけれど、少しカラフルなものに変えられるかもしれない。そう思いながら、この文章を書き進めています。

 

旅には、多かれ少なかれ、ポジティブなイメージが伴います。

冒頭に挙げた「自由」や「出会い」といったキーワードは、その代表的なものだと思います。

書店に行けば、世界各地の情報誌はもちろんのこと、美しい世界中の絶景を一冊にまとめた写真集、旅人の素晴らしい旅の体験などなど、ありとあらゆる旅にまつわる書籍を目にすることができます。

それらはあたかも私たちに旅の素晴らしさを伝え、私たちを旅に誘ってくれる魔法のようです。

インターネットは言わずもがなで、さながら自宅に居ながらにして世界中を旅した気分にさせてくれるような素晴らしいコンテンツが溢れています。

日常に疲れた時、次の旅に思いを馳せながらスマートフォン片手に旅の情報収集をする時間は、多くの人にとって有意義なものなのではないでしょうか。

 

ただ、その一方で、旅は決して愉快な経験だけに満たされたものでもないというのが、僕の現時点での偽らざる本音でもあります。

 

2016年11月。フィリピン、ボホール島にて。

 

旅の期間が長くなれば長くなるほど、非日常だった旅がだんだんと日常にとって変わっていくようになり、それに連れて、僕の心の中に浮かんでくる旅に対する考えや思いもまた、少しずつ変わっていったのでした。

 

それはしばしばネガティブなものでもありましたし、そこには思い出したくないような、孤独で辛い経験もたくさん含まれています。

 

ただ、これだけは自信を持って言えるのですが、それらのネガティブな経験もまた、僕にとっての旅のかけがえのない思い出です。

そのような経験が僕に、自分という存在を強く意識させる機会を与えてくれたり、そのことについて考える自分が、今まで思いもしなかったような仕方で自分の周囲の環境を変えたりしている事実に気付いた時、

「いろいろあるけれど、旅ってやっぱりいいもんだな」と思うようになりました。

 

そして今、こうして旅に関する僕の思いを文章にする場を与えてもらった、というわけです。

 

旅好きの方やこれから旅に出る方はもちろん、いつか旅に出たいと思っている方、旅が趣味だっていう方や、旅には興味はないけれど・・・っていう方まで、広くいろんな方に読んでもらえればと思っています。

 

どうぞよろしくお願いします。

2017年3月。チリの世界遺産の街「バルパライソ」にて。

 

【第一話】本当のジブンに出会う旅|中年バックパッカーの孤独と絶望の世界放浪記はこちら

 

2 件のコメント

  • 初めまして。アラフォー女です。
    私も仕事を辞めて2月から中南米→北米へのバックパッカーを計画しており、なんだか他人事とは思えずコメントしました!
    今後の記事、とても楽しみにしています!

    • コメントありがとうございます。
      中南米→南米、本当に羨ましいです。
      旅中に出会う旅人には同年代があまりいなくてずいぶん寂しい思いをしてきたのですが、
      いろんな経験を経て旅に出た自分だからこそ感じられたこともまた、たくさんあったと思っています。
      そんなことを色々シェアしていければ僕も嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    osugi

    2016年11月から約400日間、世界を旅してまわっていました。 現在は旅を終えて、フィリピン・セブ島の旅人たちが集まる英会話スクール「Cross x Road」で、素晴らしい仲間に囲まれながら、日本人の生徒さん向けに英文法の授業をしつつ、旅に関するあれこれを徒然なるままに書く、という素敵な時間を過ごしています。