ワーホリで携帯を賢く使うには?現地の電話番号を入手する2つの方法

cr_bannaer

セブにある旅人のための英会話スクールCROSS×ROADでライターをしているはなえです。

ワーホリに行くとなって、現地の生活に欠かせないものの1つが、携帯電話やスマホ。あらゆる情報がネット上で手に入れられる今では、携帯電話なしでの生活は考えられませんよね。それはワーホリ中も同じです。

しかし、初めて海外生活をするとなると、どのように携帯やスマホを契約すればいいのか迷いますよね。

ワーホリ中に携帯・スマホを使うには、主に次のような5つの方法があります。

  1. 海外パケット通信を利用して使う
  2. フリーWi-Fi環境下で使う
  3. ポケットWi-Fiを使う
  4. SIMフリー端末を使う
  5. 現地のプリペイド携帯・スマホを契約する

ワーホリでオススメなのは、ズバリ現地の電話番号を入手すること です!

それを利用するには、2つの選択肢があります。

  • 日本からSIMフリー端末を持っていく
  • 現地のプリペイド携帯・スマホを買う

この記事では、現地の携帯番号を使うメリットをはじめ、ワーホリ先でSIMフリー端末やプリペイド式の携帯・スマホを使うための方法について紹介しています。

※記事内1オーストラリアドル=82円で計算しています。

 

mayumi

1.ワーホリ先で現地の電話番号を使うべき理由

現地の人と簡単に連絡を取れて便利

ワーホリ先で誰かと連絡をとるのは、以下のような場面です。

  • ホームステイ先の家族に、帰宅が遅くなることを伝えるとき
  • 家や仕事を探す際の連絡先として記入するとき
  • 現地で知り合った人と連絡を取るとき

日本では、無料メッセージアプリ(LINEなど)やFacebookで連絡を取ることもありますが、海外の人は電話やテキストメッセージを使っていることが多いです。彼らとスムーズに連絡を取るには、現地の電話番号があると便利。

ちなみに、LINEを使っているのは日本人などのアジア人がほとんど。他の国籍の人は、WhatsApp、Kakao Talk(韓国人に多い)、Facebookのメッセンジャーなどのメッセージアプリを使っているようです。

Wi-Fi環境下に関わらず使用できる

現地の携帯番号を持てば、Wi-Fi環境下に左右されることなく携帯やスマホを使うことができます。そうすることで、Wi-Fiがない外出先で待ち合わせするときでも安心です。

ワーホリ中の日本人のほとんどは、これから述べる2つの方法のいずれかで携帯やスマホを使っています。

 

2.日本からSIMフリー端末を持っていく

最近、「SIMフリー」という言葉が聞かれるようになりましたね。

SIMフリーとは

スマホに掛かっているロック(キャリアや機種ごとの制限)が解除されている端末のこと。自分の利用シーンに合わせてキャリア(ドコモ、auなど)に制限されず、どこの通信会社とも契約できます。

引用元:NTTcommunications

日本で購入した携帯・スマホ端末を海外で使うにはSIMロック解除が必要

SIMロック解除の方法は、以下の3パターンです。

  • インターネットでの申し込み
  • 専用ダイヤルへ電話する
  • 各キャリアの店舗(ドコモショップなど)

インターネット上の手続きであれば海外でもおこなうことはできますが、細かな手続きが心配な方は出発前に日本でSIMロックを解除しておくのが安心です。

例えばNTTdocomoの場合だと、電話や店舗での手続きであれば3000円の手数料がかかります(詳しくは、docomoSIMロック解除の手続きをご参照ください)。

基本的に、2015年以降に購入したものはSIMロックの解除が可能といわれています。しかし、機種によっては必ず解除できるとは限りません。

日本で購入したスマホは、端末の周波数帯が海外のものと異なる場合や、端末を購入してからSIMロックを解除するまでの契約期間が決まっていることがあります。出発前に確認しておくようにしましょう。

海外で使えるオススメのSIMフリー端末

SIMフリーかつ海外でも使える携帯端末としてオススメの機種がいくつかあります。

まずは、Apple社のiPhone6以降の機種
iPhoneは多くの国で販売されており、全世界で利用されているネットワークのほとんどをカバーしています。また大都市にはAppleストアがあるため、ワーホリ中に壊れた場合でも修理してもらうことができます。

また、SONYのXperiaや、値段のわりにハイスペックであるASUS社のZenFoneなどもオススメです。

注意:iPhoneの場合は、ワーホリ先に到着して新しいSIMカードを入れると、「アクティベート」という作業をする必要があります。そのときにAppleIDとパスワードが必要になりますので、忘れた方は日本にいるうちに確認しておきましょう。
参照リンク:Apple ID を忘れた場合

※アクティベート:iPhoneなどを購入したあと、実際に使えるようにするための初期設定のこと。

SIMフリーの携帯をワーホリ先で使うための方法は、大きく2通りあります。

<現地のショップを使う>

手続きの流れは、以下の通りです。

  1. SIMフリースマホを用意する
  2. プランを選ぶ
  3. SIMカードのアクティベートをする(番号がその端末で使えるようにする)

店頭で手続きする場合は、お店のスタッフと一緒にやるのが安心です。

<日本人向けのエージェントを使う>

日本人が渡航するような各国の都市部には、日本人経営のエージェントが必ずありそこで携帯電話の契約をすることができます。

もちろん日本語対応なので、語学に心配がある方も問題なく利用できます。

エージェントによっては、基本料金を安くしておいて、データ通信制限をなどを厳しくしているケースもあります。規定のデータ通信量を超えた分を追加で請求され結果的に月々の電話代が高くなってしまう場合もあるため、値段とプランをしっかり確認することが必要です。

「私のスマホ、だいぶ前に買ったからSIMフリーじゃないかも…」という方のための方法はこちらです。

 

daisuke

3.現地のプリペイド携帯・スマホを買う

SIMフリーの携帯やスマホを持っていないという場合、現地で用意しましょう。この場合、現地で使うにはプリペイド携帯がおすすめ。

プリペイド携帯とは、リチャージ式の携帯のこと。

使う前にあらかじめチャージしておき、その分だけ通話やメールなどをすることができます。チャージが切れたら再度新しくリチャージするという仕組みです。

※リチャージ・・・再入金するという意味(筆者調べ)

参考:スマホ×プリペイド携帯がオススメ/オーストラリアの携帯事情

プリペイド携帯には、次のようなメリットがあります。

  • 一定期間使い切りで契約期間に縛りがなく、リーズナブルに利用できる

普通に契約するのと違い、プリペイド式だと月別の基本料金や契約期間の縛りがありません。

また、スマホタイプのプリペイド式の本体でも、安ければ約100ドル(約8200円)前後で購入することができます。さらに、チャージ式であるため、使いすぎる心配がありません。

  • リチャージが簡単にできる

携帯ショップはもちろん、コンビニやスーパーでもリチャージカードを買うことができます。リチャージするときは、英語の音声ガイドにしたがって進めていきます。
とはいっても英語を話す必要はなく、音声にしたがってカードに書いてある番号を打ち込むことで登録が可能。

プリペイド携帯もSIMフリー端末と同様、現地のショップ、もしくは日本人向けのエージェントで購入することができます。

はなえ
私は、現地の日本人向けのエージェントを利用して現地のSIMフリー端末を使っていました。理由は、基本料金と日本への国際電話が安かったからです。しかし、オーストラリア国内での通話料が高く、結果的に電話代が高額になってしまいました。

ちなみに、WiFi環境下なら日本から持ってきた携帯・スマホも使えます。日本の家族や友人とのLINEでの連絡はこれで十分!

 

4.まとめ:日本で使っている携帯を考慮しながら、現地での使い方を選ぼう!

個人的にオススメする携帯・スマホの持ち方は次の通りです。

  • 日本でSIMフリーのスマホを使っている人→ワーホリ先でそのスマホにSIMカードを入れて使う。
  • 日本のスマホがSIMフリーでない人→ワーホリ先ではプリペイド携帯・スマホを買う。

    ※場合によっては、日本の携帯との2台持ちも検討してください。

今や世界中のどこにいっても必要となる携帯電話やスマホ。毎日使うもので、お金がかかるものだからこそ、慎重に選びたいですよね。

今回述べた方法や、日本で使っている携帯を考慮しながら、ご自身に一番あった携帯・スマホの使い方ができるとよいですね。

 

これからワーホリに挑戦する方へ

私たちはワーホリ準備コースを用意しているセブの英会話スクールCROSS×ROADです。

  • ワーホリ英語カリキュラム
  • ワーホリアドバイザー常駐
  • 卒業生による各国のワーホリコミュニティ
  • ワーホリ後の進路相談
  • 事前学習サポート

など、ワーホリ前から終了後までサポートをしているセブの唯一の学校です。

リンク先でさらに
【ワーホリ中に仕事以外で稼ぐ方法(バスキング編)】
のPDFをプレゼントしています。

ぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADの世界一周コースのページをご覧ください。

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hana

27歳で看護師を辞め、2015年から海外へ。フィジー留学、オーストラリアワーホリ、セブ留学を終え一旦日本に帰国。その後、ライターを目指し再びセブへ。 オーストラリアでの経験を交え、ワーホリについてのノウハウを語ります。 趣味は旅行と音楽。