【チリのサンティアゴ】手軽に行けるConcha y Toro(コンチャ・イ・トロ)ワイナリーツアーの見どころ【5つ】

cr_bannaer

こんにちは。

現在、世界一周が終了し無事に帰国したライターともかりん(@tmkrntrip )です。

世界一周中に私は、南米チリ共和国の首都であるサンティアゴで、ワイナリーツアーに参加してきました!

日本でもスーパーやコンビニでも目にすることができるチリで、最大規模のワイナリー「Concha y Toro(コンチャ・イ・トロ)」とは!?

今回は、そんなサンティアゴで人気のワイナリーツアーについて紹介します。

お酒好きの方には必見の記事です☆

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

チリ最大のワイナリーConcha y Toro(コンチャ・イ・トロ)とは

Concha y Toroはチリ最大のワイナリーです。

日本でもコスパが良く味もいいと人気のチリワイン。
そんな人気を代表するのがConcha y Toroというワイナリーが作ったワインたちです。

チリは1年のほとんどが晴天でかつ日照時間も長いというブドウ栽培にとって理想的な環境であるとともに、Concha y Toroが保有している畑は合計9,000ヘクタール以上と大規模であるので、効率的で高品質のワインが生産されてます。
(フランスなどにある大規模ワイナリーでも畑面数は数百haらしいです)

味もお墨付きで1969年創設のイギリス有名ドリンク雑誌〈ドリンクス・インターナショナル〉に、2011、2012、2013年の3年連続「世界で最も称賛されるワインブランド」に選出されました。

Concha y Toroのワインは、日本国内でもキリンのメルシャンが販売しているので簡単に手に入れることができます!

 

Concha y Toroワイナリーツアーの種類と費用

TOUR TRADICIONAL

一番人気のツアーは「TOUR TRADICIONAL」です。

このツアーではConcha y Toro創業一家の夏の別荘地であった庭園を散策したり、20種類以上のぶどうが栽培されているぶどう畑の見学、ワインセラーを訪れ、ツアーの合間に3種類のワインをテイスティングすることができます♡
ワイングラスのお土産付きです。

費用:16,000CLP(約2,520円)
所要時間:1時間
言語:英語、スペイン語、ポルトガル語

TOUR MARQUES DE CASA CONCHA

「TOUR TORADICIONAL」のツアー内容に追加して、Marques de Casa ConchaシリーズというConcha y Toroでもプレミアムのワインを4種類チーズと共にテイスティングすることができます。
トータルで7種類のワインテイスティングを楽しむことができるのでワイン好きにはオススメです!
ワイングラスのお土産付きです。

費用:25,000CLP(約3,940円)
所要時間:1時間半
言語:英語、スペイン語

 

 

市内から約1時間で行ける手軽さ!
Concha y Toroワインセラーツアーの見どころ5つ

Concha y Toroに到着すると入り口入って左手にチケットカウンターがあるので、そこで事前にネットで購入しておいた旨のメールを提示するとチケットが手渡されます。

駐車場を進んでいくと併設するレストランやショップが見えてくるので、その周辺にツアー集合場所もあります。
わからない場合はスタッフに尋ねると親切に教えてくれるので安心してくださいね。

 

①庭を見学して1回目のワインテイスティング

ツアーの時間になると参加者が集合してきます。

私は英語ツアーに参加しました!他のツアー参加者はアメリカ人の老夫婦2組とカナダ人の老夫婦1組。
アジア人の若者1人で浮いてたのは否めませんが、ツアーガイドのお兄さんも参加者も親切で1人での参加も多いみたいです。

最初は創業者のコンチャ家が夏の間滞在していた家や庭を見学します。

Concha y Toroは1883年にスペインの名門貴族コンチャ家がフランスからブドウ苗をチリへ持ち込み、家族経営でブドウ畑を開拓したのが始まりです。

お庭は広大で、家の内部は見学することができませんがとても立派でした。

庭を見学すると1回目のテイスティングになります。

ワインの特徴やテイスティングの方法をガイドが解説してくれてツアー参加者とともに乾杯します!
太陽の下で飲むワインは幸せですね(笑)。

 

②広大なぶどう畑を見学

次にぶどう畑を見学します。

ワインを片手にぶどう畑をふらふら。広大な敷地に広がるぶどう畑は圧巻で、緑が美しかったです。
自由行動ですが、実っているぶどうは試食OK!いろいろ食べてみましたが、実は小さいが甘くてジュージーでした。

点滴灌水チューブを使って、少量灌水栽培で20種類以上のぶどうが栽培されていました。
背丈は1mくらいでかくれんぼはできませんが、日本ではみることのできない景色を楽しむことができます(笑)。

 

③2回目のテイスティングと新しいワイン蔵を見学

ブドウ畑の見学が終わったら、すぐ隣にあるワイン蔵の前で2回目のワインのテイスティングがありました。

今回は赤ワイン!フルーティーでストロベリーのような香りが感じられるワインでした。
テイスティングで使ったワイングラスがそのままお土産になるので箱は忘れずにもらってくださいね!

私の場合は残念ながらバックパックに入らなかったので宿泊していたゲストハウスに寄付しました(笑)。

その後新しいワイン蔵を見学します。
ワイン蔵の中には大量のワイン樽が!エアコンが付いており室温が常に一定に管理さえ品質が保たれるような工夫がされていました。
ひんやりとしており、正直寒かったです。

ワイン樽はさまざまな木材で作られているらしく、大量のワイン樽を目の前にして1つくらい家に持って帰りたくなりました(笑)。

 

④悪魔が潜むといわれていた古いワイン蔵を見学

最後にこのツアーで一番の目玉ともいわれる古いワイン蔵を見学します。

地下にあるワイン蔵にはたくさんのワインが保管されており、薄暗くどこか怖い雰囲気も漂います。

そうこうしているとガイドの人がワイン蔵の中の解説をして一度退出してちょっとワクワクしていると照明が消されて不気味な音声とプロジェクションマッピングが現れました。

このワイン蔵が出来た当時のエピソードが上映されたのですが、
この貯蔵庫は、創業当時あまりの美味しさからワインを盗み飲みする労働者たちが多く創業者が盗み飲み防止のために「ワイン蔵には悪魔が住んでいる」と脅したのが由来なんだそうです。

そのため、この古いワイン蔵の入り口には「悪魔の倉庫」と書かれています☆

一番奥にはビンテージワインが鍵がかかった扉に守られて、厳重に保管されており、

その奥の壁をよく見ると「悪魔」のシルエットが笑!

アミューズメント性もあるワイナリーツアーを楽しむことができます♡

ツアーの最後には3回目のワインテイスティングがあり、赤ワインをいただきました。
3回目の乾杯をしてツアーは終了となります。

1時間あっという間でワインも楽しむことができちゃうというコスパgoodなツアーでした。

 

⑤Concha y Toroのお土産ワインも要チェック!

ツアー終了後はお土産店やレストランも自由に楽しむことができます。

お土産店には試飲したワイン以外にも赤・白・ロゼ、スパークリングワインとさまざまな種類のワインが販売されており値段も1本500円程〜と優しいお値段でした!
もちろん高いワインも販売されています!

他にもワインオープナーやグラス、エプロンやTシャツなどワイン関連のものからTHE お土産というものまで豊富に揃っておりぜひ覗いてみてくださいね。

ワイナリーの外に併設されたレストランでは、美味しい食事とともにワインが楽しめます。
ワインに精通したスタッフが働いているので、おすすめのワインやワインと相性のいい食事などを合わせてオススメしてくれるとのことです!

 

 

Concha y Toroワイナリーの行き方・予約方法

サンティアゴ市内からConcha y Toroワイナリーまでの行き方

サンティアゴ市内からメトロ(地下鉄)で地下鉄ラインL4に乗り、 「Las Mercedes station」で下車します。

その後、「Concha y Toro」と書かれた出口から地上へ出てタクシーまたはミニバス、メトロバスで「Concha y Toroワイナリー」まで向かいます。

  • タクシーの場合は、「Concha y Toro」といえば連れて行ってくれます。
  • ミニバスの場合は、「Wine tour Prique」と書かれたバンに乗っていきます。オレンジ色の制服を来たスタッフが出口周辺にいるので「Wine tour Prique」と尋ねると教えてくれます。値段は固定で、9:30から16:30まで30分おきに出発します。
  • メトロバスの場合は、73, 74, 80,81と書かれたバスに乗ると「Concha y Toroワイナリー」付近のバス停で降車することができます。乗車時に「Concha y Toroワイナリーに行きたい」とバスの運転手に伝えておくと教えてくれます。私はメトロバスを利用して行きましたが片道100円程度でバスに乗れました。

 

Concha y Toroワイナリーツアーの予約方法

公式サイトhttps://conchaytoro.com/en/から予約が必要です。

日時や時間、人数を選択して予約していきます。その時にツアーガイドの言語も選ぶことができます。
残念ですが、日本語には対応していませんが簡単な手順で予約することができるのでチャレンジしてみてください!

 

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

まとめ:お酒好きはチリのワイナリーConcha y Toroツアーに足を運んではいかが?

いかがでしたか?

今回はチリ・サンティアゴのワイナリーである「Concha y Toro」のワイナリーツアーを紹介しました。

チリ国内にはここ以外にも多くのワイナリーがあり、見学やテイスティングを楽しめるワイナリーも多いです。

なかなか見ることのできないぶどう畑やワイン蔵などが見学できると共にテイスティングも楽しめ、値段もそれほど高額ではないのでお酒好きの方はぜひ参加してみてくださいね!

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です