どこにいても困らない!海外でSIMを使うべき理由とSIM情報まとめ

cr_bannaer

セブにある旅人のための英会話スクールCROSS×ROADでライターをしているユウヤです。

皆さんはスマホやパソコンで情報収集したり、ネットサーフィンって当たり前にしますよね。

でもその為にはネット通信が必要。

旅先ではWi-Fiを活用することが多いんですが、街中など使えない時も多いです。

そんな時に活用してほしいのがSIMカードです。

今回はそのSIMについてご紹介したいと思います。

mayumi

1.SIMとは?

そもそもSIMって何?という人の為にまずは説明から記載していきます。

1−1.SIMカード

SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なIDカードのこと。

いわば身分証明書のようなもので、データ通信や電話をするためにはこのカードが必要になります。

参照:SIMカードとは?

1−2.海外のSIMカードはプリペイド式

日本で大手通信キャリアと契約した場合、スマホを買うと同時にこのSIMカードも装着された状態で手渡されます。料金は月額制で、多くの場合使用量に関わらず月々の料金が決まっています。

しかし海外の場合、多くはプリペイド式です。

プリペイドとは前払いのことで、事前に購入したデータ量の分だけ海外でインターネットを利用することができます。その為使い過ぎることが無いので安心して利用できます。

1−3.SIMカードを使う際の注意点

便利で使い勝手の良いSIMカードですが注意が必要です。

まず、ロックのかかっていないSIMフリースマホでないと、SIMを入れ替えても使えません。大手通信キャリアと契約している場合、SIMロックというものが掛かっているので確認しておきましょう。

詳しくはこちらの記事も参考にして下さい。
「スマホは解約?それとも番号保管?世界一周前の手続き携帯編」

また、日本で使っているSIMカードと入れ替えるので、無くさないように注意しましょう。

2.SIMカードを利用すべき理由

海外でのデータ通信の手段はWi-Fiだけではありません。

世界一周をより快適に過ごす為にSIMを活用しましょう。

その理由を以下で紹介していきます。

2−1.Wi-Fiのない場所でもデータ通信が可能

SIMを利用していれば、宿から宿の移動中や特に外出先でもネットが常に使えます。

基本的にWi-Fiのある宿で情報を集めますが、調べ忘れたことなどがあり外出先でネット通信を使いたくなっても問題ありません。

2−2.宿のWi-Fiが弱い場合でも快適

全ての宿のWi-Fiが高速でストレスなく使えるとは限りません。むしろWi-Fiのネット通信速度が遅いことが多いです。SIMの通信速度も遅い場合がありますが、宿のWi-Fiより快適に利用できたりします。

2−3.待ち合わせ時に困らない

宿は違うけど旅先で出会った友達と待ち合わせする時や、カウチサーフィンでホストと待ち合わせする時にSIMがあると便利です。

事前に待ち合わせ場所を決めることもできますが、詳細まで分からなかったり時間に遅れそうな時も直前まで連絡を取り続けることができます。 

daisuke

3.SIMカードの購入と手続き

次はそのSIMカードの購入場所や手続きについて紹介します。

3−1.購入場所

SIMカードが買える場所は、空港やショッピングモール、路上の店舗などがあります。

ただし注意する点として、SIMカードとプリペイドカードの買う場所が別々にある場合です。プリペイドカードとはSIMにチャージ(入金)するためのもので、道端の店舗でよく見かけることができます。

カードを購入して自分でチャージする事も可能ですが、基本的にお店の人がやってくれます。

空港やショッピングモールではSIM購入と同時にチャージもできますが、路上の店舗ではチャージのみしかできない所も多いです。

また、用意するものはSIMフリースマホ以外に基本的にありませんが、国によってはパスポートの提示が必要なのでSIMを買う際は持参しましょう。

3−2.購入後の手続き、設定方法

各国によって設定方法が違う場合もあるので、全て購入先の店舗でやってもらうのが1番です。

手続きしてもらったら、通信ができるかその場で確認しましょう。

また、通信会社が複数存在することもあるので、SIMカードとプリペイドカードの種類が違って使えないなんてことにならないように注意して購入しましょう。

3−3.実際にSIMを購入した例

僕も何カ国かで実際にSIMを購入し利用していました。その購入例を紹介します。

2017年5月、エチオピアの首都アディスアベバでSIMを購入しました。

エチオピアはネット環境が悪いということでSIMを利用することにしました。

通信会社はEthio Telecomという一社だけ。

パスポートを提示しパソコンでしっかりと登録されました。

料金一覧表

SIMカードは60ブル(約280円)で、30日間有効。

500MB:85ブル(約400円)
1GB:165ブル(約780円)
2GB:320ブル(約1,500円)

料金としてはかなり高いほうでした。

SIMカード代60ブルと500MB分のチャージ85ブルを払って、SIM設定からチャージまでお店の人にやってもらいました。

使い切った場合はこのようなプリペイドカードを購入し、裏に記載されているシリアル番号を使ってチャージします。SIM購入時にチャージの方法を教えてもらっていたので、チャージは自分で行いました。

4.具体的な料金・データ通信量の一例

気になる料金とそれに対するデータ通信可能量ですが、以下に数カ国分の一覧表を記載します。

その国にある複数の通信会社の売り出し方や、空港で買うのか街中で買うのかによって料金は変動しますが、大まかなSIMの相場が分かると思います。

料金 データ通信(量) 利用期間 キャリア
タイ 299THB=約1000円/
549THB=約1800円
2.5GB/
6GB
8日間 AIS
フィリピン 100PHP=約220円/
200PHP=約430円
200MB/
500MB
30日間 globe
インド 259INR=約450円 1GB 28日間 Airtel
イスラエル 70NIS=約2200円 3GB 30日間 Orange
トルコ 90TL=約2900円 3GB+通話500分 30日間 Tarkcell
アメリカ 15USD=約1650円/
25USD=約2750円
500MB/
1GB
14日間 ZIP SIM
ペルー 25PEN=約850円/
45PEN=約1500円
700MB/
1.5GB
10日間/
15日間
Claro
エジプト EGP30=約200円/
EGP60=約400円
1.5GB/
3.5GB
30日間 Orange
エチオピア 85ブル=約400円/
165ブル=約780円
500MB/
1GB
30日間 Ethio telecoom
イギリス 1£=約150円/
10£=約1500円
100MB/
1GB+通話100分
7日間/
30日間
EE
スペイン 10€=約1300円/
15€=約2000円
1.2G+15分通話/
2G+30分通話
30日間 Vordafon
フランス 15€=約2000円/
19.99€=約2600円
2GB/
100GB、通話無料
30日間/
31日間
free
Orange
イタリア 10€=約1300円/
15€=約2000円
7GB/
10GB
28日間 Vordafon
ポーランド 10zl=約150円/
20zl=約600円
1GB/
3GB
7日間/
14日間
plus

※2017年9月現在のレート

アジアやエジプトなどはかなり低価格でそれなりのデータ通信量を使用でき、利用する価値は大いにあると思います。

またヨーロッパ各国は料金が高めですが、ヨーロッパ各国を1枚のSIMで網羅できるSIMカードも存在します。

またヨーロッパだけでなく、ほぼ全ての国のSIMの代わりになるグローバルSIMが存在し、事前に日本で購入しておくことができます。

詳細についてはこちらを参考にしてください。

世界一周旅行者必見!世界中で使える便利なSIMカード3選!

5.まとめ

世界を旅しているとWi-Fiが整っていない宿や施設を利用する時が多々あります。また外出先でどうしてもデータ通信が必要になる場合もあるでしょう。

SIMを活用することで世界一周の長旅を快適なものにし、旅を思いっきり楽しみましょう。

これから世界一周をしたい旅人の方へ

私たちは世界一周準備コースを用意しているセブの英会話スクールCROSS×ROADです。

世界一周した4人が運営している学校で、記事を書いているインターン生も世界一周経験者です。(ワーホリとフィリピン留学の記事は違います。)

CROSS×ROADでは、

  • 世界一周用の英語カリキュラム
  • 世界一周のルート作りサポート
  • 卒業生限定の旅中トラブルサポート
  • バックパッカーコミュニティ
  • 旅後のキャリアサポート
  • 事前学習のサポート
  • など世界一周を考える人にとって最高のコースを用意しています。

世界一周を考えるのであれば、ぜひ一度CROSS×ROADのHPをご覧ください。

リンク先でさらに
・6ヶ月前から始める旅の準備リストと裏技
・世界一周費用大公開!
という2つの無料PDFをプレゼントしています。

ぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADの世界一周コースのページをご覧ください。

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2年間世界一周していました。累計訪問国は約50ヵ国。 個人ブログ「Tabilog+」を運営。国内外問わずヒッチハイクしまくってました。 現在、フィリピン・セブ島にある語学学校「クロスロード」でインターン留学中。夢は日本の英語教育を変えること。