ロンドン唯一の旅人向け日本人ゲストハウスGoodtimesをガチでおすすめする7つの理由【セカパカ特典有】

cr_bannaer

こんにちは。
フィリピン・セブ島/ 旅人たちの英会話スクール CROSSxROAD でスタッフとして働いているダイスケです。

奥さんと無期限の旅行に出ていたらいつの間にか海外で働いていました(笑)。でも気持ちはまだ旅行中なんです。

そんな僕は先日、3週間ほどイギリス旅行をしてきたのですが、その際に、ロンドンで宿泊した日本人宿(ゲストハウス)『Goodtimes』の居心地があまりにも良かったので、この記事では、その『Goodtimes』の素晴らしさをご紹介していきたいと思います!

お得な割引情報とセカパカ限定特典(!)も記事の最後に載せているので、是非最後まで(最後だけでも笑)読んでみてくださいね!

Goodtimesのキャッチフレーズ

ロンドンの安宿事情

バックパッカー向けのホステルはたくさんあります。ドミトリー一人当たりの金額でいうと、10£(約1500円)~といったところでしょうか。15£(約2300円)以下だと安い方です。ロンドンにはたくさんのホステルがあるので、困る事もないですし、ホステル検索サイトなどでの評価がよほど低くなければ居心地も問題ないでしょう。

ちなみに、『ロンドン 日本人宿(ゲストハウス)』と調べると、いくつか候補が出てくるのですが、僕がロンドンを訪れた2018年5月末の時点で営業していた、バックパッカーがイメージする日本人宿・ゲストハウスというのは、実質この『Goodtimes』だけでした。

※記事内の写真は、Goodtimesさんより直接了承いただいたものを掲載しています。

 

mayumi

1. ロンドン唯一の日本人ゲストハウス『Goodtimes』とは

ステキなオーナーと管理人さん

オーナーは日本人の松本さん

Goodtimesオーナーの松本さん

『Goodtimes』以外にも様々な事を手掛け、世界各地で活躍しているオーナーの松本さんは、音楽とお酒が大好きで、お話がとにかく面白いです!

貫禄、知識、パッション、気遣いなどどれもスター級で、いろいろな相談にものってくれるので、たくさんの人に慕われています。会えるかどうかはタイミングもあるのですが、運良く会えた時には、是非積極的に話しかけてお話を聴いてみて下さいね!

 

男女1人ずつ在中する管理人さん

管理人さんのおかげでいつも良い雰囲気

管理人さんは男女1名ずつで、交代でいてくれます。男女でいてくれるので、要件に応じて相談もしやすいです。

僕が訪れた際の男性管理人さんは、誰にでも愛想が良いという感じではありませんが、「洗濯しますか~?」と声をかけてくれるなど、先読みしてお仕事をしてくれるので、みんなが知らず知らずのうちに宿が快適な空間になっていました。また、ミニパーティでみんなに得意の料理をふるまっていたのですが、遅くに帰ってきた僕にもお裾分けしてくれるどころか、気持ちよく片付けまでしてくれて、その姿はとても気持ちよくイケメンでした。

もう一人の女性管理人の方は心配りの天才でした。共有スペースにいるといつも声をかけてくれ、そのおかげで『Goodtimes』での時間がより心地よくなりました。ちょっとしたトラブルの時にもすぐに動いてくれて、本当に助かりました。特に女性の宿泊者や、到着したばかりのまだ慣れない宿泊者の方には、彼女の存在はかなり大きかったのではないかと思います。

現在は、新たな女性管理人さんがいらっしゃるようですが、きっと素敵な方だと思います。

 

Goodtimesの施設はこんな感じ(写真)

『Goodtimes』さんは住宅街にあるアパートの一室をゲストハウスにしていて、ゲストのお部屋は女性専用4人部屋と、男女混合の4人部屋が1部屋ずつの計2部屋。定員は8名です。
お部屋はシンプルで、2段ベッドが2つと共用のクローゼットがあります。

シンプルな4人部屋

共用のトイレ、シャワー、キッチンは日本のマンションのような感じです。

のんびりできる快適なリビング

リビングルームは広すぎず、窮屈でもない絶妙な大きさで、リラックスもできれば、交流の場にもなり、快適です。気持ちの良いバルコニーもあり、喫煙者はそこでタバコが吸えます。

使いやすいキッチン

トイレが綺麗なのは居心地の良い宿の絶対条件だと思う

新しい設備ではありませんが、管理人さんが丁寧にお掃除してくれるため、とても清潔で居心地が良いです。

 

Goodtimesの場所は非公開(!)

中心部からは電車やバスを使って3~40分ほどの場所にあり、特に不便さは感じませんでした。最寄りのバス停は近いので、バスを使う人にはとても便利です。

電車の駅は、St john’s wood という駅が最寄りです。駅までは、普通のペースで歩いて10分ほどです。
防犯面などを考慮して、場所をネット上に記載していない為、ここでも詳しい場所は記載しませんが、予約を完了すると、詳しい行き方がメールで送られてくるので安心してください。

<最寄りのSt john’s woodの地図はこちら

 

 2. 日本人ゲストハウスGoodtimesをおすすめする7つの理由

快適でもっと安いホステルがたくさんあるのにも関わらず、何故『Goodtimes』をおすすめするのか、そのポイントをお伝えします!

理由その1. アットホームな雰囲気

リビングもバルコニーも快適

ステキな日本人オーナーと管理人さんがいつも居心地の良い雰囲気作りを心がけています。

「いってらっしゃい」、「おかえり〜」と聞こえるとそれだけでも嬉しいですよね。シェアハウスのような雰囲気で、他の宿泊者や管理人さんともすぐに仲良くなれます。また、宿泊者が最大8人とコンパクトなので、使いたい時に使えないなどのストレスもほとんどなく、一人の時間を大切にする方でも、我が家のように落ち着いて過ごせます。

 

理由その2. 実際の価格以上に感じるリーズナブルさ

朝食はパン、シリアル、コーヒー、牛乳、お米まで無料!!洗濯も無料でしてくれちゃいます。

他の宿泊者の人とシェア飯ができるのも節約旅行者には嬉しいですよね!
1泊の宿泊価格は20£(約3500円)と、ロンドン最安ではありません。しかし、宿泊者への手厚いサービスが売りの『Goodtimes』は、コストパフォーマンスを見るとかなりお得です。一度宿泊してしまえば、もう高いと感じる事はないでしょう。

 

理由その3. 日本人にとって快適な清潔さ(思いやり万歳)

管理人さんが毎日お掃除をしていますし、共有スペースを綺麗に保つためのルールもしっかりしているので、いつでも清潔です。
(食器は必ず洗って、布巾で拭いて棚に戻す、シャワー後は排水溝の髪の毛を必ず自分で取るなど)
床で寝れるレベルですね(笑)。

 

理由その4. 快適なWiFi

快適な時間を過ごすのにWiFiは不可欠な時代ですが、『Goodtimes』にはしっかりとした速度のWiFiが2種類あるので、バッチリです!

僕は
全く不便がなかったので片方しか使っていませんが、万が一インターネットを同時に使う人数が増えて、速度が落ちるような事があったとしても、もう1種類あるので、全く問題ないです。

 

理由その5. 立地の良い住環境

いつも賑わうCamden market。何回行っても飽きないと思う。

ロンドンで最も美しいと言われているリージェンツパークやロンドンの街を一望できるプリムローズヒルが徒歩圏内って最高!

大きなマーケットでも知られるCamden地区まで徒歩20分ほどの場所にあります。

更に、ロンドンで最も美しいと言われているリージェンツ・パークや、ロンドンの街を一望できるプリムローズ・ヒルが歩いてすぐに行ける距離にあるのは本当に嬉しいですね。緑が好きな人には絶対に都心部よりも過ごしやすいはず!
居心地の良いPUBがあったりと近所でのんびりした時間を過ごせるのも嬉しいですね。コンビニやスーパーもあるので、とても便利です。

 

理由その6. 貴重品の不安がない

貴重品の管理はもちろん自己責任なので、油断は禁物ですが、宿に置いて問題ない環境と言えるでしょう。

セーフティボックスなどがあるわけではありませんが、場所が非公開の為、突然の訪問者や、関係者以外の立ち入りが無いので、バックパックに鍵をかけておくなど、当たり前の注意さえしていれば安心です。貴重品の心配がないと、外出中も身軽で安心して過ごす事ができ、行動範囲も大きく変わってくると思います!

 

理由その7. 面白い人が集まる、ステキな出会い、つながり

真ん中にいるのは9年以上自転車で世界を周っている有名な旅人のKazuさん。

集まるお客さんは様々で、それがとても面白く、『Goodtimes』の一番の魅力と言ってもいいかもしれません。

ロンドンの日本人宿というと、「英語に困っている人が泊まるのかなぁ?」と思うかもしれませんが、海外在住の方など英語ができても、安心の環境を求めて泊まりに来る方がたくさんいるのです。

ちなみに、僕が宿泊した時には、以下のような方々が宿泊していました。

  • ワーホリビザ・韓国料理屋さんで働く韓国語がペラペラな日本人の女の子
  • ワーホリビザ・カフェで働いている台湾人の女の子
  • 学生ビザでこれから1年間留学するという美容関係の男性
  • ポルトガルの大使館で働いていたけど、英語勉強のためにロンドンにきた男性
  • 退職して3ヶ月のスイス・イギリス旅行&留学で来ている女性
  • スコットランドの大学への入学前にロンドンに立ち寄った女の子
  • ミュージカルに携わるお仕事のお休みで本場のロンドンにミュージカルを観に来たという女性

それ以外にも、前に宿泊した事があり、現在はロンドンで家を借りて住んでいる人が遊びに来たりと、短い期間で様々な人と会い、お話する事ができました。

 

daisuke

3. 日本人ゲストハウスGoodtimes宿泊時に、確認しておきたい4つのこと

ホームページTopはこんな感じ

その1. 予約はホームページから

Booking.comなどのサイトには登録していないので、予約はホームページ(クリックでいけます)からのみできます!他を探しても出てこないので、覚えておいてください。

 

その2. 予約時にクレジットカードでデポジットを支払う

宿泊日数に関係なく、予約時にクレジットカードで10£を支払います。

デポジットは、チェックアウトの後、数日で返金処理が行われ、通常はその後1週間前後で口座に返ってきます。注意点として、2回予約をすると、2回分のデポジットが必要になるので、滞在期間はしっかりと考えた上で、1回の予約で済ませるようにしましょう!

 

その3. お湯シャワーの出る時間に制限がある

シャワーは24時間使っていいのですが、6時~11時と18時~23時の間しかお湯が出ない為、この時間にシャワーを浴びることを推奨してくれています。夜は特に不便を感じませんが、出かける前にシャワーを浴びる人は、ゆとりをもって準備をしたいですね。

 

その4. 居心地が良くてチェックアウトしたくなくなる

もはや弱点なのか強みなのかわかりませんが、、、実際こういう素敵な場所を出発するのって、思っている以上に辛いんです。時間に余裕のある人は延泊してしまいましょう!!

 

4. 日本人ゲストハウスGoodtimesのまとめ

Goodtimesで良い時間を!

物価の高いロンドンでの滞在を短く予定する方も多いかもしれませんが、ロンドンはとても魅力のある街ですし、『Goodtimes』は本当に快適で素敵な日本人宿なので、是非1泊でも長く滞在していただきたいです。

「普段出逢わないような日本人と会いたい」「できるだけ安く、でも安心できる環境で過ごしたい」「英語が苦手で不安」など、この中で一つでも当てはまる方は、是非『Goodtimes』に宿泊してみて下さい!

 

Booking.comなどの宿泊施設検索サイトには登録していないので、予約はホームページからのみとなっています!

 

Goodtimesの宿泊費と利用できるお得な特典情報!!

・宿泊費まとめ

通常料金

1泊 20ポンド/泊
2泊以上 19ポンド/泊
5泊以上 18ポンド/泊
14泊以上 17ポンド/泊

※夏、年末年始といった繁忙期は特別料金となります。

繁忙期料金(7月11日から9月2日)

1泊 22ポンド/泊
2泊以上 21ポンド/泊
5泊以上 20ポンド/泊
14泊以上 18ポンド/泊
21泊以上 17ポンド/泊

 

・「セカパカ見ました」で、出前一丁(インスタントラーメン)またはビール一本プレゼント《但し、3泊以上の方で初回のみ》

今回、記事を書くにあたりオーナーの松本さんに交渉しました!
実際、宿泊してコスパの良さを知っているので、これ以上特典なんて、、、と思っているのですが、ダメ元でお聞きしたら、快く受け入れてくれました(!)。

この出前一丁やビールがきっかけで、素敵な時間が生まれたら嬉しいです。
必ず、お申し込みの際に「セカパカ見ました」とお伝えください。

・直前割引(20£→16£)で約700円OFF!

正直、20£(約3000円)でもコスパ良いです。ただ、まぁ安いならやっぱり嬉しいですよね!

Facebookページ(クリックでいけます!)で割引情報が随時更新されているので、予約時には要チェックです!
キャパが8人と少なく、人気なので、直前割引を狙うと、満室になってしまうかもしれませんが、割引価格で宿泊できたらとてもお得ですね!
(詳しくはFBページでご確認ください。)

※予約はホームページからのみとなっております。


\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピン・セブ島 / 旅人たちの英会話スクールCROSSxROADの何でもおじさんのダイスケです。趣味は書道、お酒、旅行と再会。クロスロードのおかげで会いたい人が世界中にいるので、一生旅行しながら、みんなに会いに行きます。これからもどんどんいろいろな人と繋がって、面白い時間、空間を創っていきたいです。きっとどこかで会いましょうね!