インドで『今日ヤバイ奴に会った』人に会ってきました!19万人登録チャンネルYouTuber坪和寛之さんとは

おはようございます、西畑 将大です。

みなさん、YouTubeで「インド」と検索した事はありますか?
そして一番上に出てくるこのチャンネル。

クリックして頂くとYouTubeに飛びます。

検索した事はなくても、見かけた事がある方は多いんじゃないでしょうか。

今回インタビューさせて頂いたのはこの方、『今日ヤバイ奴に会った』の坪和さんです!
この記事を書いてる時でチャンネル登録者数19万人のすんごいYouTuberさんです。

 

坪和 寛久

1984年生まれ、茨城県出身。
大学卒業後、東京の出版業界で働いていたが2013年に「ちょっとインドで働かない?」と声をかけられてからもう5年も働いちゃっている。
”今日ヤバイ奴に会った”という19万人もの視聴者がいるチャンネルの中の人。
インド・ムンバイで日本人向けに不動産を扱うのが本業で、YouTuberは副業。

 

 

「ごめんなさい!インドが呼んでるので会社辞めさせて下さい!」

 

将大
まずは坪和さんについてお伺いしてもよろしいですか?
坪和さん
東京で仕事をしていたんだけどね。ある日「ちょっとインドで働きませんか?」とオファーをもらって2013年からインドで働いてるよ。
将大
そんな軽いテイストなんですね(笑)
どんなお仕事をされているんですか?YouTuberのみではないんですよね。
坪和さん
日本人向けに不動産を扱っているね。それと、日系企業がどんどんインドに出てきたりしているんだけど、それを手助けしているね。後はインドでのビジネスコンサルとかもやってますね。
将大
二足の草鞋ってやつですね。
東京で働いていて「ちょっとインドで働きませんか?」とオファーがあった時は戸惑いましたか?
坪和さん
戸惑ったよ〜。
でも不思議なもんでね、ちょうど自分がインドに興味がある時期だってさ。「おっこれは呼ばれてるのかな?」って思ったね。
思い立ったらすぐに行動しちゃうタイプだから、声かけて頂いてから1ヶ月後にはインドにいたかな?「ごめんなさい!インドが呼んでるので会社辞めさせて下さい!」って。
将大
斬新な退社ですねそれは(笑)僕もどこかで使いたいです。
坪和さん
もうね、サラリーマンが向いてなんだよね。
将大
働き方とか、人間関係とかですか?
坪和さん
窮屈だったんだよね。もちろん楽しい事や、やりがいだって沢山あるけどね。

 

19万人がチャンネル登録する動画「今日ヤバイ奴に会った」はどうやって撮ってるの!?
動画撮影に密着!!

まずはお店を選ぶために散策

基準とかは特に無いそうで 「気になったらとりあえず入ってみる」スタイルだそうです。
インドで散髪をすると坪和さんのように襟足が整いすぎるので注意が必要。

1人のインド人男性に声をかけられてとりあえず付いて行ってみる。
(これはインドマスターの坪和さんだから出来る事です!インドの客引きには十分注意してください。)
 
何やらメニューをチェックする坪和さん。 

そしてすぐに撮影開始!

すごい機材で撮ってるのかと思いきやiPhoneで
 
撮影中の坪和さん。周りにいるインド人達は何をするでもなく”いる”だけ。何もしない。
 
あっという間に完成。僕も半分頂きました。
味の濃いぃ〜チャーハンです。でもさすが坪和さんチョイス、美味しい。
 
サクサクと食べる坪和さん。これで撮影は終了です。はやっ!
お昼ご飯探して食べただけでした。
この後iPadで400円ぐらいのアプリを使って編集して完成だそうです。コスパ良すぎ。
 
動画を作るデメリットは「毎日外食だからちょっと太る」のみだそうです。
 
メリットはめちゃめちゃ儲かるです。
 
 

インドに対応した胃腸を手に入れた!でも代償は大きい、、、

 
将大
坪和さんの動画、ついつい見ちゃうんですよね、ペースが心地よくて。
それと不思議な事にインドのご飯が美味しそうに見えて来るんですよ!
坪和さん
さっきのアレ美味しかったでしょ?
将大
美味しかったですね、1人だったら絶対入らないですけど。
坪和さん
キッチンとか見た目がもう凄かったりするからね。ネズミが這い回ってたり、虫なんて当たり前にいるし。でも食べると美味しいんだよね。
将大
ハズレも多いですけどね、、、
お腹壊したりとかします?
坪和さん
年に一回ぐらいかな、5年もいたら順応して来るよ。最初の半年ぐらいはかなりきついけど。
どっちかというと、日本に帰った時にお腹壊すもん。

将大
なぜ!?
坪和さん
多分ねー、水の硬度とかが体に合わないんだよね。だから母親の手料理とかでお腹壊すもん。
将大
それは悲しいですね(笑)インドに順応する為の代償は大きいですね。
坪和さん
胃腸がもうインド人になっちゃてるね(笑)
 

インド人スナップショットその1

 

坪和さんがインドでYouTuberになったきっかけとは?

”今日ヤバイ奴に会った”この名前の由来とは?

将大
インドで暮らし始めてブログをずっと書いていらしたんですよね。
坪和さん
”今日ヤバイ奴に会った”ってのは元々ブログの名前なんだよね。
将大
そう言えばどうしてその名前なんですか?由来があったりします?
坪和さん
東京で働いてた時の先輩にねキャッチフレーズを作ってる人がいてね。「インドでブログ書くんで名前考えて下さい!」ってお願いしたらさ「インドに行ったら毎日ヤバイ奴と出会うだろ!」って。
それでこの名前になったね(笑)
将大
意外とあっさりした理由なんですね。毎日ヤバイ奴に出会ってます?
坪和さん
会うね〜(笑)インドにいると本当にネタが尽きないよ。
だからブログも書きたくて仕方なかったし、1年ちょっと毎日更新してたね。
将大
そのブログがどうしてYouTubeになったんですか?
坪和さん
ずっと写真だったんだけど、ある時に「動画の方がもっと伝わるんじゃないのかな」と、思い立って作り始めてってのが僕がYouTube始めたきっかけかな。
そんなに大きな理由はないよ。
 

どうしてヒットしたのか?

将大
動画を作ってからヒットするまではすぐでしたか?
坪和さん
動画を始めたのは4年ぐらい前かな。それが2017年の5月に、とある深夜番組でサンドイッチ特集があったのね。それでみんながサンドイッチについて調べて、僕が作った『インドのサンドイッチの作りかた』を見てくれたらしくてね。
そこで急に10万再生ぐらい伸びてさ、ある日突然グーグルからお金が振込まれるんだよね、『おぉっ!』ってなるよ(笑)
将大
なるでしょうね〜、羨ましい限りですよ!
坪和さん
そこから同じような動画を何個かあげていったら順調に伸びていって、この1年で19万人ぐらいがチャンネル登録してくれてるね。(インタビュー当時)
将大
19万人ですか!すごっ!
鳥取市の人口じゃないですか!。
坪和さん
でも実感ないよ〜。
日本にいたら違うかも知れないけど、インドにいてもインド人から声かけられないもん。
将大
そらそうでしょ(笑)彼らからしたら日常ですもんね。
坪和さんの日常に変化はありましたか?
坪和さん
お陰様でお金を頂いてますので、余裕が生まれたかな。
将大
昨晩はビールご馳走様でした!
坪和さん
今夜も飲むよ!
後はね、どこかに行くって事がもう撮影になるから、撮影も兼ねて色んな所に行ったり出来るようになったかな。
将大
確かに旅行に行って撮影するとそれが収入になる訳ですもんね。
坪和さん
それで今後は色んな国に行ってみたいね。
 

インド人スナップショットその2

 

坪和さんの本業!インドの不動産ってどんな感じ?

将大
本業の方もお伺いしたいのですが、インドで不動産を扱うってどんな感じなんですか?
全く想像がつかないんですけど、、、
坪和さん
この国ってね間取り図がないのよ、だから部屋探しがめちゃめちゃ面倒臭くてね。いきなり内見に行かないと物件が確認できないんだよ。
この現状を我々が変えようとしていてね。まだ準備中だけど、こんな感じ。
 

坪和さんが準備中の、不動産用チャンネル。クリックして頂くとYouTubeに飛びます。

 
坪和さん
これがあればね360度見れる内見なんだよ。
誰もインドでやってないし、インドでの部屋探しが変わるよね。
将大
誰もやってないのに需要ある事ですよね。凄い。
日本人の観点じゃないと気づけないポイントですね。
坪和さん
これがどうなって行くのかわからないけどさ、今の内に準備して、情報をいっぱい集めといたら、何かに繋がって行くんじゃないかと思うんだよね。
将大
もともとの仕事の不動産の方にも、YouTubeで培ったものを活かしていくって事ですよね。
坪和さん
そんな感じだね。上手く行ってくれたら嬉しいな。
 

今後どんな風にしていきたいですか?

将大
屋台の動画と、不動産のお仕事と、今後どんな風にしていきたいですか?
坪和さん
屋台の方はずっと続けて行きたいよね。今までは日本人向けに動画を作ってたけど、インド人向けに作ってみようかなと。
将大
13億人に向けてですか!?
坪和さん
市場の規模が全然違うよね。単純に13倍だし、国の盛り上がりが全然違うからね。
それと自分が今までやっていたビジネスはちゃんと続けたいのよね。それが不動産の方ね。
将大
それはもう究極の形ですよね。
好きな事と自分の仕事が結び付いて、、、もう一回バズったら凄い事になるんちゃます?
坪和さん
なるね〜!
家だけじゃなくてホテルとかもそうだし、僕の動画を見てくれて購入や宿泊が決定したら少しお金が僕にも入る仕組みを作っているからさ。この市場が13億人だよ、、、
将大
ご飯連れってください!!!
坪和さん
任せてよ(笑)
今のチャンネルでわかったYoutubeやネットの可能性をもっと追求していきたいよね。

インド人スナップショットその3

坪和さん
あとね〜僕の問題というか課題としては結婚だよね。
将大
どっちですか!?
坪和さん
日本人だよ!!(笑)
もう日本人の嫁さんを探してるって書いといてよ。
将大
了解です(笑)

ご連絡はこちら(Twitter DMにて)にお願いいたします。

 

最後の質問

 
将大
日本には日本人の大きな社会の流れがあって、それを全員が全員幸せとは思っていなくても日々の生活を過ごしていて。潜在的にどこか変化を求めている人も多いと思うんですけど、そういった方が今後この記事を読んで「おっそんな考え方あるのか」って思えるようなメッセージはありますか?
坪和さん
僕が思うにね、もっと海外とか自分が知らない土地に行って色んな経験をした方が良いよね。
それで影響を受けて「自分も何かやってみよう」って思って欲しいよね。
5年ぐらい海外に住んでてわかったのが、日本人じゃないと出来ない事っていっぱいあるよ。
将大
それはインドでって事ですか?
坪和さん
世界中にあるんだよ。
日本で「無力だな〜」と思っていても他の国では神様みたいに扱われる才能があったりする訳ね。
日本人の性格が大切なのかもね。
将大
それってどんな時にわかります?
坪和さん
それは人それぞれだね。
僕のYoutubeも全く自分で予想していなかったタイミングで有名になったし。
あとは思いついたらすぐに行動する事だよね。
将大
1ヶ月でインドまで来ちゃってますもんね(笑)
坪和さん
とにかく外に出る事!
日本も楽しいけど、海外は広いよ!!
 

インド人スナップショットその4

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
ふとしたきっかけでYouTubeドリームを掴んだ坪和さんのインタビューでした。インディアンドリームかもしれません(笑)
”世界には日本人じゃないと出来ない事がある”これは希望です。居心地の悪い仕事をしているぐらいなら、本当にあなたを必要としている人達の元へ行ってみてはいかがでしょうか?
坪和さんは僕のインタビューに真摯に答えてくださり「僕が君の為に出来ることがあったらなんでもしてあげるから声かけてね」と本当に嬉しい言葉を頂きました。

そしてもう一度強調しておきます。

それでは。

インタビュー、写真、編集:西畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こまきねポンプ

西畑 将大(写真右)写真と切れ痔担当と、石崎 祐太(写真左)愛と勇気担当。 高校の同級生2人で大学を休学し、2018年3月3日から世界一周二人旅をしている。 旅の途中でフィリピン、セブ島の英語学校クロスロードに立ち寄り、セカパカのライターとして任命を受ける。 こまきねポンプの由来は、西畑がトイレにウンコを詰まらせ、こまきね先生がポンプで解決してくれたエピソードから。