初めてのNY観光はニューヨークシティーパスが超便利【おすすめの2泊3日コースを紹介】

cr_bannaer

こんにちは。

現在、世界一周が終了し無事に帰国したライターともかりん(@tmkrntrip )です。

今回は私が世界一周中に訪れた「アメリカ・ニューヨーク」についてです!

私自身はじめてのニューヨークで見たいもの、行きたい場所などたくさんあったのですが「ニューヨークシティパス(New York CityPASS)」を使うことでお得に楽しむことができました!

世界一の大都会は本当に素晴らしくてキラキラした場所!特にマンハッタンのビル群を一望できる夜景は一度は目にしてもらいたいくらい感動的でした☆

今回はそんなニューヨークをNew York CityPASSを使いながら観光した場合のモデルコースを紹介します。

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

ニューヨーク シティパス(New York CityPass)とは?

では「ニューヨークシティパス(New York CityPASS)」とはどのようなパスなのでしょうか?

知らない方もいらっしゃるかと思うので、まずは簡単に説明させていただきます。

  • ニューヨークの定番観光地を6回ることができる
  • 入場料が最大43%安くなる
  • シティパスを持っておくとチケット購入列に並ばずに入場することができる
  • ネットで購入可能。購入後すぐにメールでチケットを受け取り、利用可能!
  • モバイルパスなのでスマホで提示でき、印刷などしなくてOK(紙印刷も可)

 

といったようにニューヨークの観光地をお得かつ快適に回ることができるパスです!

ニューヨーク シティパスで入場できる施設

ニューヨーク シティパスで入場できる施設は次の通りです!いずれもニューヨークの大人気観光地なのでこれ1つでニューヨーク観光を満喫できてしまいます。

エンパイア ステートビル(86階まで入場可能)
アメリカ自然史博物館
メトロポリタン美術館
トップ オブ ザ ロック展望台 or グッゲンハイム美術館
自由の女神フェリー or サークルライン観光クルーズ
9/11 メモリアル美術館 or イントレピッド海上航空宇宙博物館

④⑤⑥はそれぞれ1施設ずつ選択して9施設のうち6施設に入場することが可能になります。

ニューヨーク シティパスの値段と有効期限

ニューヨークシティ パスの値段は

  • 大人(18歳以上):132ドル
  • 子供(6歳ー17歳):108ドル

有効期限は

利用開始日から9日間有効

となっています。

もし、ニューヨークシティ パスを使わずに対象の6施設に入った場合最大で232.34ドルとなるので約100ドル安くなります!

ニューヨーク シティパスの購入方法 

ニューヨークシティパス(New York CityPASS)」は公式ホームページから購入することが可能です!

英語サイトになりますが、「ニューヨークシティパス 購入方法」と検索すると購入方法が詳しく日本語で書いてあるのでそれを参考に購入してみてください。

購入が完了するとメールでチケットが即座に送られてきます。

各施設への入場は「スマホ画面でQRコードを見せて入場」または「QRコードのプリントアウトを見せて入場」することが可能です。

iPhoneユーザーはWalletにパスを保存することができます!

 

ニューヨークシティパスを使ったNY観光〜1日目〜

ニューヨーク観光1日目【昼】
自由の女神&エリス島

ニューヨークの大人気観光地「自由の女神」はフェリーを使っていくことになります。

まずは、シティパスをチケットセンターで提示して、フェリーチケットに交換します。その後フェリー乗り場に並んでセキュリティチェックを受けてフェリーに乗り込みます。私の場合は、チケット購入してから自由の女神があるリバティ島まで1時間程度かかりました。

フェリーに乗りだんだん近づく自由の女神の姿は感動的でワクワクします。

リバティ島に到着するとシティパスに含まれている音声ガイド(日本語対応)をゲットして島を一周しました。
大冠や台座に行きたい場合は別のチケットが必要で人気なので3-6ヶ月前から予約が必要なのであらかじめ公式サイトで予約しておきましょう!

自由の女神行きのフェリーはエリス島に立ち寄るので移民博物館もニューヨークシティパスを使って無料で鑑賞することができます。これには音声ガイドも含まれています。

エリス島は「移民の島」として知られ、1892年から1924年にかけて船でやってくる移民たちのアメリカにおける玄関口でここで入国審査が行われていました。
日本人の観光客は少ないですが、資料館ではエリス島や移民の歴史、ヨーロッパなどからエリス島までの航海の様子やエリス島に到着してからの入国審査の流れ、入国後どうしていたかについてなど期待以上に面白く勉強になりました。

エリス島には日本人もやってきており、大日本帝国のパスポートなども展示されています。音声ガイドのクオリティも高いのでおすすめです!

 

ニューヨーク観光1日目【夜】
トップオブザロック展望台

トップ・オブ・ザ・ロックは、ロックフェラーセンター内に位置しているGEビルディングの展望台です!
一度はみたいニューヨークの夜景を一望することができ、「ニューヨークすげぇぇぇぇ!!!」って思える場所です。

有名なエンパイア・ステートビルやクライスラービル、タイムズスクエア、ブルックリンブリッジなど摩天楼ニューヨークの美しすぎる夜景を楽しむことができます。

エンパイア・ステートビルからの夜景も大人気ですが、トップオブザロックからはエンパイアステートビルのライトアップをみることができるので個人的にはトップオブザロックのほうがオススメです☆(シティパスがあればどちらも入場可能です!)

トップ・オブ・ザ・ロックは入場時間が指定されているため、ニューヨークシティパスを持っていてもすぐに展望台に行けるわけではありません。
ビルの地下一階のチケット売り場に設置されている機械で時間を指定してチケットを購入します。

私は平日の夕暮れ前に行きましたが、最短で45分後のチケットをゲットすることが可能でした。休日や年末年始、バカンスシーズンなどは更に混雑することが考えられるので先に行ってチケットだけ購入し好きな時間を指定することもオススメです!

 

ニューヨークシティパスを使ったNY観光〜2日目〜

ニューヨーク観光2日目【朝】
9.11メモリアル

多くの人が知っている9.11同時多発テロ関する展示がされている博物館です。

当時小学生だったわたしもこのテロのことは鮮明に覚えており、当時繰り返し放送されていた世界貿易センタービルにハイジャックされた飛行機が激突する瞬間の映像や恐怖を感じたことなど思い出します。
今回の旅のなかで本当に行ってよかったと思える場所です。

博物館では、同時多発テロが起こった時間軸で展示がされており、事件の発生から復活までを知ることができます。当時の緊迫した音声や映像が多数展示されており、涙を流して展示を観ている方も多かったです。

無料のアプリを入手すると日本語で音声ガイドを聞くことができるので、あらかじめダウンロードしておくことをオススメします!館内には無料のWi-Fiもあります。

ここではチケットの引き換えは不要です。
ミュージアムの入り口でニューヨークシティパスをみせ、入り口のところでQRコードを提示して入場できます。

ワールドトレードセンターがあったそれぞれの跡地には、ノースプールとサウスプールという、滝をイメージした慰霊碑があります。9.11で犠牲にあった方々のお名前が刻まれており、日本人の方のお名前もあり事件をより身近に感じました。

ニューヨーク観光2日目【夕方】
ブルックリン橋

ブルックリン橋もニューヨーク観光でははずせない観光地です!

ブルックリン橋は、マンハッタンとブルックリンを繋ぐ橋でイーストリバーの上にかかっています。
全長は1834mにもなり、1883年に完成したアメリカで最も古い吊橋としても有名です。

ブルックリン側リバーサイドからの景色

特におすすめは夜景です!
ブルックリン橋から眺める夜景も、ブルックリン側の観光エリアであるリバーサイド沿いから眺める夜景もそれぞれマンハッタンの綺羅びやかで光り輝く夜の摩天楼を楽しむことができます!

 

ニューヨークシティパスを使ってNY観光〜3日目〜

ニューヨーク観光3日目【朝】
アメリカ自然史博物館

大人気映画ナイトミュージアムのロケ地としても有名な科学博物館です!

化石や動植物の標本、鉱物などなど自然科学に関することが展示されています。
特に化石コーナでは大きなティラノサウルスの化石や今まで発見された中で最も大きいティタノサウルスの化石標本など展示され、恐竜好きにはテンションがあがる場所です!
また、動植物の標本はとてもリアルで多くの人が写真に収めていました。

シティパスを利用すると、博物館の入場だけでなく「特別展示・巨大スクリーンのフィルム・スペースショー」のどれか1つも選んで楽しむことができます。

ニューヨーク観光3日目【昼&夜】
タイムズスクエア

ニューヨークの写真でおなじみのタイムズスクエア!
毎日、世界中から多くの観光客が訪れることから「世界の交差点」といわれています。

私は昼と夜の両方訪れましたが、時間によって景色が違ってみえました。
特に、タイムズスクエアの夜の景色は圧倒的で、世界中の有名企業の広告や巨大ディスプレイに映される映像や電光看板にネオンサインと世界の中心都市であるニューヨークを物語っています。

観光客向けのお店が多く立ち並び、The アメリカという雰囲気でとりあえずスケールがでかすぎました笑。
人も多いので、くれぐれもスリには注意してください!

ニューヨーク観光3日目【夜】:
エンパイア・ステートビル展望台

ニューヨークのシンボルともいえるエンパイアステートビル!
人気のアメリカテレビドラマである「ゴシップガール」ではチャックとブレアの重要なシーンで待ち合わせをした場所です。

エレベーターに乗って86階の展望台にいくと、タイムズスクエアやワン・ワールド・トレード・センターやブルックリン橋、遠くに自由の女神もみることができます。
トップオブザロックからの夜景も素晴らしいですが、エンパイアステートビルからの夜景もこの上なく素晴らしかったです☆

そのうえシティパスで入場する場合は、86階展望台へ同日であれば昼・夜と2回に入場することが可能です!
入場に際しては現地でのチケットへの交換は不要で、そのままエレベーターまで進んで大丈夫です。
時間指定のチケットも無いので、好きな時間に行ってみてくださいね。

 

  • セブ島で英語を勉強してしてワーホリしよう!
  • 仲間と英語を勉強して世界一周しよう!

ニューヨーク シティパスを使ってNY観光〜4日目〜

ニューヨーク観光4日目【朝】
メトロポリタン美術館

世界3大美術館の1つでもあるメトロポリタン美術館!

大人気の美術館なので毎日多くの観光客が訪れます。ゆっくり展示をみたい方は開館時間に合わせていくことをおすすめします!

チケットは建物内にある機械にシティパスのQRコードを読ませてチケット引き換えし入場となります。メトロポリタン美術館は1度チケットをゲットすると3日間入場が可能なので、好きな方は期間中何度も訪れることが可能です。

メトロポリタン美術館には300万点以上のコレクションが保管され、日本人が大好きなフェルメールやゴッホ、モネ、ピカソ、ゴーギャン、ルノワールの絵画作品やミイラの棺や装飾品をはじめとしたエジプト古代美術、葛飾北斎の浮世絵などバラエティ豊かでアートが苦手な人も楽しむことができます。

 

まとめ:はじめてのNYにはニューヨークシティパスが大活躍!

いかがでしたか?

今回はニューヨークシティパスを使って観光する場合のモデルコースを紹介していきました。

私自身もはじめてのニューヨークで有名観光地を回りたいと思っていたので、そんな観光地で使えるシティパスはとても効率ニューヨークを観光する上で役立ちました。
また、トータルコストではかなりの節約になるので、浮いたお金で美味しいグルメやブロードウェイミュージカルを楽しむことも可能かと思います。

はじめてのニューヨークの際にはシティパスを使っての観光も検討してみてくださいね!

 

\ スポンサーリンク /

cr_konomi
cr_mitsuru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です