世界一周旅行者におすすめの海外旅行保険3選はこれだ!

こんにちは。夫婦で世界一周旅行をしていたあゆみです。

海外旅行保険をどうするか考えることは、世界一周の準備の中でもめんどくさいことのうちの一つですよね。めんどくさいからテキトーに選んだ保険会社の全保証が付いた無難なプランを契約する、なんてことを考えていませんか?

そうだとしたら、めちゃくちゃもったいないです!同じような補償内容でも、違う保険会社を選んでいたら何十万も安かった・・・なんてことになりかねません。

そこで、「どの保険会社がいいか分からない・・・」と思っているあなたに、世界一周をした私がおすすめする保険3選をご紹介したいと思います。

1.海外旅行保険の補償内容とは

海外旅行保険の補償内容については、詳しくまとめた記事があるので、こちらをご覧ください。

世界一周時に海外旅行保険選びで失敗しない4つのポイント

2.オススメの保険3選

 それでは実際にどの保険が適しているのか考えましょう。まず、保険を選ぶときに考えないといけないことはこの3点です。

  • 自分が旅行する期間かそれ以上の期間契約できるか。
  • 必要な補償内容(「治療費用」「携行品損害」の補償)が手厚いか。
  • 保険料が予算範囲内か。

その点を踏まえたうえで、金額や内容的にも世界一周に適している保険会社は、「損保ジャパン日本興亜」と「東京海上日動」と「AIU」の3社のです。

その中で一番自分にどの会社が適しているかは、以下のフローチャートで確認してみてください。

自分に適している保険会社はどこになりましたか?これから、それぞれの保険会社についてご紹介します。

2-1.金子秀人損害生命保険事務所(損保ジャパン日本興亜)

 「世界一周で海外旅行保険と言えば金子さん」と言われるぐらい、旅人の中では有名な保険代理店です。扱っている保険は損保ジャパン日本興亜です。実際に私が世界一周をしていたとき、旅人のほとんどはこの保険に入ってました。

世界一周用のプランというのがあって世界一周者のトラブルの対応に慣れているため、保険の相談も迅速で丁寧なのが人気の秘密です。

しかし、2016年に保険料の改定があり、損保ジャパン日本興亜の保険料が以前の倍になってしまいました。この3社の中で一番保険料が高額です。しかし、カップル・ファミリープランというのがあり、それを使うと一人当たりの保険料は安くなります。

他の保険会社と比べて、「携行品被害」の補償が手厚いのが良いです。さらに、「一時帰国中補償特約」という補償が自動セットされており、日本に一時帰国中に発生した事故も、帰国された翌日から30日間(非居住者は90日間)まで、旅行行程中とみなして補償されます。

<ポイント>

  • 世界一周旅行者の中で一番有名な保険会社 
  • 対応が迅速かつ丁寧 
  • カップル・ファミリープランがある
  • 一時帰国中補償特約が付いている

実際のプランはこのようなものがあります。

 

治療費無制限タイプ(G18)

カップル・ファミリープラン(治療費無制限タイプ)(G18)

最安プラン(死亡保障なしプラン)(G23)

カップル・ファミリープラン(死亡保障なしプラン)(G23)

傷害死亡・後遺障害

1000万

1000万

なし

なし

治療救援費用

無制限

無制限

1000万

1000万

疾病死亡

なし

なし

なし

なし

賠償責任

1億

1億

(家族で共有)

5000万

5000万

(家族で共有)

携行品損害

50万

50万

(家族で共有)

30万

30万

(家族で共有)

航空機委託手荷物

10万

10万

(家族で共有)

10万

10万

(家族で共有)

航空機遅延

2万

2万

2万

2万

保険料(6ヶ月)

132,810円

136,140円

家族:116,790円

96,840円

102,570円

家族:85,900円

2人の場合の合計金額(6ヶ月)

265,620円

252,930円

12,690円お得!

193,680円

188,470円

5,210円お得!

保険料(1年)

288,060円

294,060円

家族:260,290円

211,390円

221,510円

家族:192,410円

2人の場合の合計金額(1年)

576,120円

554,350円

21,770円お得!

422,780円

413,920円

8,860円お得!

 

2人以上で旅行する場合は、カップル・ファミリープランの方がお得だということが分かると思います。ただ、注意すべきなのは、「賠償責任」「携行品被害」「後期委託手荷物」の補償額は家族全員で共有されるということです。

2-2.東京海上日動

 6ヶ月以上の海外旅行保険の中では一番安いです。世界一周旅行中に欠かせない、「治療・救援者費用」を補償額無制限で付けても、1年の保険料が20万円を切ります。補償内容の割に、保険料が安いのがポイントです。

また、世界各地の「クレームエージェント」と提携して海外旅行保険の損害サービス対応を行っており、保険に関する相談と保険金支払い手続きを日本語で対応してくれる窓口が、

アメリカ、ブラジル、メキシコ、イギリス、インドネシア、シンガポール、タイ、香港、マレーシア、台湾、オーストラリアにあります。

<ポイント>

  • 6ヶ月以上の旅行保険の中で一番安い
  • 補償が充実している
  • 日本語で対応してくれる窓口が全世界にある

実際のプランはこのようなものがあります。

 

安心保障タイプ

(N4)

死亡保障なしプラン

(N3)

最安プラン

(N2)

傷害死亡

1000万

なし

500万

傷害後遺障害

3000万

3000万

500万

治療救援費用

無制限

無制限

1000万

疾病死亡

1000万

なし

500万

賠償責任

1億

1億

5000万

携行品損害

20万

20万

10万

航空機委託手荷物

10万

10万

10万

航空機遅延

2万

2万

2万

保険料(6ヶ月)

102,480円

94,710円

72,330円

保険料(1年)

214,960円

198,420円

151,950円

 

1年の保険料が20万円以下のプランでも、治療は無制限で受けられるし、携行品損害も20万円まで保証してくれるので、1人旅の世界一周旅行者にはありがたい保険です。

2-3.AIU

 3ヶ月以上6ヶ月以内の旅行であればオススメの保険です。6ヶ月以上旅行が伸びてしまっても延長ができないので、予定が伸びそうな方はこの保険ではない方がいいかもしれません。

海外旅行保険には珍しく、歯科治療費用も保障に入ります。海外の歯科治療というのは驚くほどの値段になることがあるので、歯科治療保証は目を引くサービスです。

しかし、キューバ、イラン、スーダン、ミャンマー、シリアは保険適応外です。アメリカ資本の会社なので、アメリカと国交がない国では保険が適用されません。また紛争地域などは保険対応外になってしまうので注意が必要です。

<ポイント>

  • 3ヶ月以上6ヶ月以内の旅行保険の中でオススメ
  • 歯科治療が保険の範囲内
  • キューバ、イラン、スーダン、ミャンマー、シリアは保険適用外

実際のプランはこのようなものがあります。

 

安心保障タイプ

(N15)

スタンダード

(N17)

最安プラン

(N2)

傷害死亡

3000万

1000万

1000万

傷害後遺障害

90万~3000万

30万~1000万

30万~1000万

治療救援費用

無制限

無制限

2000万

疾病死亡

1000万

500万

500万

賠償責任

1億

1億

1億

携行品損害

30万

30万

20万

航空機委託手荷物

10万

10万

10万

航空機遅延

2万

2万

2万

保険料(6ヶ月)

108,480円

96,710円

76,050円

 

保険内容に対して保険料は他社と比べて安いです。携行品損害の補償額が30万円もあるのがポイントです。

3.まとめ

 世界一周におすすめの海外旅行保険について紹介してきました。海外旅行保険は世界一周旅行の準備の費用の中で、割合がかなり大きいです。1年契約するとしたら、20万円以上はかかると思った方がいいでしょう。しかし「高いから入らない」という選択はお勧めしません。

世界一周をするということは、日本にいるときや短期旅行者よりも危険な状態に常にさらされています。私は世界一周中に、莫大な医療費が保険で無料になった、という旅人に出会いました。

しかし、海外旅行保険に入っていないからという理由で病院に行くのが遅くなり、病気が悪化した人とも出会いました。

海外旅行保険を賢く選んで、快適な世界一周旅行をおくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年5月~2017年4月まで夫婦で3年間世界一周をしていた、あゆみです。好きな場所は南米。特技は旅行先での沈没。お酒をこよなく愛するバックパッカーです。 世界一周中のブログはこちらです!! http://trip-holic.com