世界一周時に海外旅行保険選びで失敗しない4つのポイント

セブにある旅人のための英会話スクールCROSS×ROADでインターンをしているあゆみです。

あなたは、これから世界一周旅行をしようと考えていますか?

「世界ではどんな景色が見れるんだろう」

「どんな人と出会えるんだろう」とワクワクしているんではないでしょうか?

しかし、いろんな国に行ったり、旅行期間が長くなってしまうと、普通の海外旅行者では遭わないような病気や事故、盗難などのトラブルに見舞われることがあるかもしれません。

海外では日本の常識が通用しないことが多々あります。救急車が有料だったり、治療費に莫大な金額がかかったり、何かものを壊したときに高額な損害賠償を請求されたりすることがあります。

しかし、そのような時にかかる費用を補償してくれるのが海外旅行保険です。海外旅行保険に入っていれば、医療がキャッシュレスで受けられたり、盗まれた物の損害額が返ってきます。

まさに、世界一周に欠かせない”持ち物”です。

これから、世界一周する際に、どのような海外旅行保険に入った方がいいのかご紹介したいと思います。

1.海外旅行保険についている補償内容

 まず、海外旅行保険には、どのような補償内容があるのかご紹介します。

  • 傷害治療費用
    →怪我をした場合に病院でかかった治療費の補償です。限度額内であれば怪我の大小関係なく利用できます。
  • 疾病治療費用
    →病気になった場合に病院でかかった治療費の補償です。これも限度額内であれば重症度は関係なく利用できます。
  • 傷害死亡
    →ケガが元で死亡した場合に支払われる補償です。
  • 疾病死亡
    →病気が原因で死亡した場合に支払われる補償です。
  • 傷害後遺傷害
    →ケガが元で後遺障害が残った場合の補償です。
  • 賠償責任
    →誤って物を壊してしまったり、人にケガをさせたり場合の賠償金の補償です。
  • 緊急一時帰国費用
    →旅行中に家族にトラブルがあるなど、予期せぬ緊急帰国の場合の費用の補償です。
  • 救援者費用
    →本人が病気やケガで入院するなどして、家族が日本から現地に向かう際の交通費や滞在費の補償です。
  • 携行品損害
    →所持品が壊れたり盗まれてしまった場合の損害額の補償です。
  • 航空機遅延費用
    →飛行機や航空会社のトラブルで遅延した場合の予期せぬ宿泊費や滞在費の補償です。
  • 航空機寄託手荷物遅延費用
    →利用した飛行機が遅れて荷物が受け取れず、その時に必要な生活用品を購入した際の補償です。

 

2.世界一周旅行者が保険の内容を考えるときに大切なポイント

海外旅行保険には、さまざまな補償内容があることが分かりました。

もし短期旅行だったら、すべての補償が手厚いプランを契約するかもしれません。

しかし世界一周となると、期間が長かったり行く国も多いため、すべての補償が手厚いプランを契約したら、保険代がめちゃくちゃ高額になってしまいます。

せっかく貯めてきた旅の資金を保険で使い果たしてしまう・・・なんてことになったら嫌ですよね。

そこで、世界一周旅行者には、何の保険がいいのか、どのような補償が充実している方がいいのかをお伝えしたいと思います。

2-1.長期旅行に対応しているか

一般的な海外旅行保険は、観光用と商業用に分かれています。世界一周は観光なので、観光用を選びましょう。

観光用の保険の中には、3ヶ月以内の旅行しか適用されないものもあります。

3ヶ月以内で世界一周を考えている方には問題ないですが、それ以上の長い期間を考えている方は、3ヶ月以上の旅行に適応している保険がある保険会社を選びましょう。

2-2.必要な補償内容とは

次に、補償内容についてです。絶対に必要なのは、「携行品損害」です。この補償のために、海外旅行保険に入るようなものです。

私が世界一周をしている間一番使ったのが、携行品損害の補償でした。カメラが壊れたり、iPhoneが盗まれたりしたときにこの補償が役立ちました。

とても安い保険のプランには、携行品損害の補償がないものが多いですが、そのプランはやめるか、オプションで携行品被害の補償を付けたほうがいいです。

さらに、「傷害治療費用」「疾病治療費用」も必要です。世界一周中、病気やケガをして病院に行くことが多いです。実際私もベネズエラで虫にかまれて、病院に行って診察してもらい、薬をもらいました。

その時にかかった費用は、すべて保険からおりました。世界一周中、ケガもなく病気にもかからなかった強者もいましたが、そのような人の方が珍しいと思うので、入っておいて損はないです。

2-3.あまり必要でない補償内容とは

「世界一周」となると、いろんな事態をしてしまい、あれもこれも・・・となってしまうかもしれませんが、優先度をつけて、必要なさそうな補償はなくすか、補償額を下げましょう。

まず「傷害死亡」「疾病死亡」は、必要ないです。死んでしまったら、そこで旅は終わりです。

自分が先立つことで周りに迷惑が掛かってしまう方には必要かもしれないですが、世界一周に出ようとしている身軽なあなたには必要がないでしょう。

続いて、「航空機遅延費用」「航空機寄託手荷物遅延費用」はあまり必要ありません。飛行機が遅れて、次の飛行機に乗れなかったとしても、その国での滞在を楽しんじゃいましょう。

短期旅行ではないのだから、余裕を持ったスケジューリングをすれば、この保険を使うことはありません。

2-4.金額が安いかどうか

以上の点を踏まえたうえで、実際に保険会社を探してみました。

各保険会社の保険料を比較

まず、3ヶ月以上の観光用の海外旅行保険がある会社は、以下の5社に絞られました。

  1. 東京海上日動
  2. AIU
  3. あいおいニッセイ同和
  4. 損保ジャパン日本興亜
  5. 三井住友海上

そして、この5社の中で、

  • 「携行品損害」の補償は20万円以上。
  • 「傷害治療費用」「疾病治療費用」が付いている。
  • 「傷害死亡」「疾病死亡」「航空機遅延費用」「航空機寄託手荷物遅延費用」はないか金額が一番最低。

という条件のもとに、一番安い保険を探しました。

 

AIU

東京海上日動

損保ジャパン日本興亜

あいおいニッセイ同和

三井住友海上

傷害治療

 

 

2000万

 

 

無制限

 

 

 

1000万

 

 

500万

 

 

1000万

疾病治療

救援者費用

傷害死亡

1000万

なし

なし

100万

1000万

疾病死亡

500万

なし

なし

100万

1000万

傷害後遺傷害

30万~

1000万

3000万

なし

100万

1000万

賠償責任

1億

1億

5000万

5000万

1億

携行品損害

20万

20万

30万

20万

30万

航空機遅延

2万

2万

2万

なし

2万

航空機寄託手荷物遅延

10万

10万

10万

なし

10万

保険額(6ヶ月)

76,050円

94,170円

96,840円

183,770円

206,050円

保険額(1年)

契約できない

198,420円

211,390円

395,440円

442,070円

結果、AIUが一番安いことが分かりました。しかし、6ヶ月までしか契約できないので、6ヶ月以上契約する場合は、東京海上日動が一番安いです。

2-4-2.それぞれの保険会社について

  • AIU
    →表からも分かるように、保険料が他社と比べてもとても安く、6ヶ月以内の世界一周ならおすすめです。しかし、保険期間が延長できないので、6ヶ月以上になりそうならば、違う保険会社の方がいいでしょう。この会社はアメリカ資本です。キューバ入国の査証時、海外旅行保険の証明書を提示する必要があるのですが、アメリカと国交がないため、N.G.になるようです。また、スーダン、ミャンマー、シリアでも保険が使えません。
  • 東京海上日動
    →6ヶ月以上世界一周に行くなら、圧倒的におすすめです。補償内容も、「傷害治療費用」「疾病治療費用」「救援者費用」が無制限なので、金額を気にせず医療が受けられます。
  • 損保ジャパン日本興亜
    →「携行品損害」の補償が、30万円まであるため、所持品の盗難や破損を恐れている場合、おすすめです。
  • あいおいニッセイ同和/三井住友海上
    →どちらも金額が高い割には、補償内容は、東京海上日動や損保ジャパン日本興亜と変わらないため、あまりおすすめしません。

 

3.世界一周旅行者が保険を申し込むときの大切なポイント

保険会社と保険のプランが決まったら、申し込みましょう。

3-1.申し込む前にすること

 まず、いつから保険を掛けるのかが重要になるので、日本出国のチケットを取りましょう。出国のチケットがないと、契約させてもらえません。

3-2.保険契約期間

世界一周旅行だと、帰国の日が決まっていないことがほとんどなので、保険の契約期間に困るかもしれません。

そのときは、自分が考えている期間より長めの保険期間を契約することをおすすめします。

たとえ保険期間を余らせて帰国しても、残りの期間分の保険料はキャッシュバックしてくれます。保険期間が足りなくなって、海外で延長させることの方が面倒です。

3-3.保険期間の延長方法

しかし、それでも保険期間が足りなくなってしまうことがあると思います。そのときは、まず保険が切れる前に、保険代理店へ連絡しましょう。

すると、代理店から保険会社へ延長希望の旨が伝えられます。そして審査があり、可能な場合延長ができます。

手続きは日本でしか行えないので、日本に住んでいる信頼できる人に代理人となってもらう必要があります。両親や兄弟がいいと思います。

そして、日本で代理で手続きができる住所へ書類が送られてくるので、書類に必要事項を記入し発送してもらいます。

後日、延期分の保険証券が届くため、スキャナーなどで取り込んだデータを送ってもらって、出力したものを以前の保険証券とともに常に携帯しましょう。

それでは実際に、どの保険会社に契約するといいのかは、こちらの記事をご覧ください。
世界一周旅行者におすすめの海外旅行保険3選はこれだ!

4.まとめ

世界一周旅行となると期間も長くなるので、どうしても保険料が高くなってしまいますが、海外旅行保険は契約した方がいいです。旅行中、何事も起こらないことはほぼありません。

自分にはどのような補償内容が必要で、どのような補償内容が不必要なのか取捨選択して、なるべく安く済ませられるようにしましょう。

これから世界一周をしたい旅人の方へ

私たちは世界一周準備コースを用意しているセブの英会話スクールCROSS×ROADです。

世界一周した4人が運営している学校で、記事を書いているインターン生も世界一周経験者です。(ワーホリとフィリピン留学の記事は違います。)

CROSS×ROADでは、

  • 世界一周用の英語カリキュラム
  • 世界一周のルート作りサポート
  • 卒業生限定の旅中トラブルサポート
  • バックパッカーコミュニティ
  • 旅後のキャリアサポート
  • 事前学習のサポート
  • など世界一周を考える人にとって最高のコースを用意しています。

世界一周を考えるのであれば、ぜひ一度CROSS×ROADのHPをご覧ください。

リンク先でさらに
・6ヶ月前から始める旅の準備リストと裏技
・世界一周費用大公開!
という2つの無料PDFをプレゼントしています。

ぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADの世界一周コースのページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年5月~2017年4月まで夫婦で3年間世界一周をしていた、あゆみです。好きな場所は南米。特技は旅行先での沈没。お酒をこよなく愛するバックパッカーです。 世界一周中のブログはこちらです!! http://trip-holic.com