フィリピン留学クロスロード運営スタッフ|世界で2万人に作品を送った書道家平田大輔さんへ突撃取材

こんにちは。
ただいまクロスロード密着取材中のライターそうま(@Soh0806)です。

今回ご紹介するのは、クロスロード運営スタッフの平田大輔さん。なんとこの方は世界を旅する中で、2万人もの人たちに筆で文字を書き続けてきた書道家なのです!

クロスロードのスタッフ・生徒の皆さんから下の名前で呼ばれている大輔(ダイスケ)さんは、みんなの癒しのお兄さんとしてクロスロードで働かれています。そして今回、その大輔さんにインタビューして記事にさせていただきました。

クロスロード留学を検討されている方はもちろん、クロスロード卒業生の方も、この記事を読み始める前から既にワクワクが止まらないかと思います(笑)。

ぜひぜひ、楽しく読んでいただきたいです〜!

☆前回はクロスロード代表の岡本琢磨さんにインタビューして、記事を作らせていただきました。こちらもぜひ、読んでください!

フィリピン留学クロスロード代表の岡本琢磨さん|学校設立までのウラ話と今後の展望とは

 

プロフィール:クロスロード運営スタッフ 平田大輔(ひらただいすけ)さん

平田 大輔(ひらただいすけ)さん

英語学校クロスロード運営スタッフ/書道家
 

約2年9ヶ月に渡る長い新婚旅行を世界の30カ国の旅で迎えられる。

旅の後、お二人の出身校でもある旅人英語学校CROSS × ROADに戻って来られ、現在は夫婦で運営スタッフとして勤務。これまで、数々の世界の旅人たちを学校に出迎え、彼ら自身の豊富な経験から暖かい叱咤激励と共に、見送って来られました。

大輔さんは、旅中、世界各国の路上で2万人の人の名前を筆で書き、「人と人の名前を繋ぎ」、「心の繋がり」を「絆名(Kizuna)」という作品に表現することをライフワークとしておられます。

旅中で書き上げた絆名の数々

セブの盆踊りフェスティバルで書道パフォーマンス

また、現在このセブでもその反響は大きく、路上パフォーマンスはもちろん、セブの大人気イベント『盆踊りフェスティバル』において書道パフォーマンス・自身のデザインした「魂T」(Tシャツ)を販売し、「絆名(kizuna)」の想いが広く伝えられています。

大輔さんへには以下の内容についてインタビューでお伺いします。

  • クロスロードで働くことになったきっかけ
  • クロスロードで働かれている具体的な内容
  • 旅人英語学校クロスロードの魅力とは

それではこれから、インタビューに入らせていただきます!

そうま
大輔さん、本日はよろしくお願いします〜!

 

「…..。」

 

 

そうま
あれおかしいなぁ〜!大輔さん〜!

 

「そうまくん、今僕は忙しいんだ!」

 

 

そうま
えっどうかしたんですか?(ガチャっ扉を開ける)

 

 

 

大輔さん
だから今は邪魔をしないでくれ!

 

そうま
ギョエ〜〜。(こんな大輔さん見たことがない…)

 

大輔さん
なーんてね。少しからかってみたかっただけ。
そうま
良かった〜!いつもの大輔さんになった!
大輔さん
本当?実は、僕仕事するときはこんな感じなんだよ。(←嘘です)

 

はい。それでは気を取り直して、インタビューに入らせていただきたいと思います。

 

質問その1.『クロスロードで働くことになったきっかけは何ですか?』

そうま
約3年近く世界をご夫婦で旅をされていた大輔さん。このクロスロードで働くようになったきっかけは何だったんでしょうか?ぜひ教えて欲しいです!!

「始まりは旅中にクロスロードで留学したことから。」

2013年クロスロードで留学した大輔さん

大輔さん
実は、僕ら夫婦は元々クロスロードの生徒だったんだよ。今から約4年前になるかな。
そうま
えっ、そうだったんですね!?そのクロスロードは元々旅をする前から知っていたんですか?
大輔さん
いや、そうではなかったんだ。旅で出会った友人から、クロスロードという面白い旅人英語学校があるっていう話を聞いてね。それで、進路をセブに変えて留学しちゃったって感じかな〜!
そうま
なるほど〜!それでは、旅の途中でセブに立ち寄りクロスロードの留学ライフを満喫されたんですね?
大輔さん
もっちろん!!!!最高な時間だったよ。

 

「2回誘ってくれて、1回目は断ったんだ。」

チリで書道パフォーマンスをする大輔さん

大輔さん
クロスロード卒業後、また僕らは旅を始めることになるんだけど、ありがたいことにクロスロードで働かないか?って、タクさんから誘ってくれたんだよ。ちょうどワーホリでオーストラリア行く前だったかなぁ。

タクさん:クロスロード代表の岡本琢磨さん

そうま
そうだったんですね。では、そのお誘いにすぐに応じられたんですか?
大輔さん
いや、その時は断ったんだよ。嬉しいお誘いだったんだけどね。その時は旅をすることに夢中だったし、無期限で旅をすることが僕らのテーマだったんだよ。
そうま
では、それから旅をする中で、クロスロードへ戻る心境の変化が何かあったのでしょうか?
大輔さん
ちょうど1回目のお誘いを受けて、1年後ぐらいだったかな、またもう1度タクさんから「クロスロードで働かないか」って連絡をくれたんだよ。その当時僕らは南米を旅していてちょうど一区切りつきそうなタイミングだったから、2回目は相当悩んだんだよね。というか、こんなに誘ってくれること自体嬉しくてね。
そうま
それは本当に嬉しいですよね。最後の決め手は何かあったんでしょうか?
大輔さん
「今、この誘いを断ったら次はないな。」って思ったんだよね。ちょうどその時アフリカに行く旅の進路を考えていた時で、クロスロードかアフリカか悩んだんだけど、最終的にクロスロードに決めたんだよ。アフリカはまたいつでもいけるけど、クロスロードで働ける経験は今しかない!って思ったんだ。

 

質問その2.『クロスロードで実際に働かれている内容を教えてもらえますか?』

そうま
大輔さん、今のクロスロードで働かれている内容をぜひお聞きしたいです…!!授業面でも、生徒さんのサポート面など具体的に教えていただけるとありがたいです^^

「僕がやってることは、”なんでもおじさん”」

代表のタクさんと大輔さん

大輔さん
そうだね〜!例えば、学校のスケジュール作ったり、メール対応したり、クロスロードの問い合わせ対応だったり、学校全体の管理を任せてもらっているかな。まっ、なんでもおじさんっていう感じだよね!
そうま
なんでもおじさん…(笑)。すみません、笑ってしまいました。真弓さんと連携してやられていることは何かありますか?

真弓さん:大輔さんの奥さん

大輔さん
そうだね〜!真弓は生徒と面談して英語カリキュラムを具体的に考えて先生たちとの連携を取ったりしているよ〜。その他の業務については僕ら2人でも助け合ってやってるって感じかな。あっ、クロスロード問い合わせのスカイプ面談は2人で一緒に出てお話させてもらうこともあるよ!
そうま
まさかのお2人一緒にスカイプ画面に出られるとは!それは、なんか安心してお話できそうだなぁ(笑)。
大輔さん
そう(笑)?

 

「生徒さんがめっちゃ好き!つい声かけちゃう〜。」

大輔さん
これは業務とかうんぬん抜きで、僕はよく生徒さんに声かけるようにしてるんだよね。「元気〜?」「最近どう〜?」とか。
そうま
うわぁ〜いいですね!生徒さんは、そうやって声かけてくれるとやっぱり嬉しくなりますよね!
大輔さん
そうだといいけど。^^単純に僕は人が好きだからね。生徒さんとの出会いを大切にしたいし、仲良くしたい。クロスロードに来てくれると嬉しいし、帰っちゃう時は寂しい。僕はクロスロードで、そんな日々を過ごしてるよ。
そうま
大輔さんのそのスタイルすごく素敵ですね!^^
大輔さん
ありがとう!

 

「僕の書(しょ)を、生徒さんにプレゼントさせてもらってるよ〜!」

そうま
大輔さん。僕も書道をやっている端くれなので、すごく興味があるのですが、、大輔さんの書を良かったら見せてもらえませんか?
大輔さん
あっいいよ〜!これはちなみにオーナーのタクさんご家族に送ったものだね。
そうま
素敵すぎます…!
大輔さん
ありがとう〜!僕も書いてて楽しいからね。プレゼントした方から喜んでもらえると、僕も最高に嬉しいんだよ。
そうま
そして、大輔さんのデザインで作られたTシャツ。確かたまてぃ(魂T)でしたっけ?そちらも見たいです!
大輔さん
おぉ知ってるんだ?そのTシャツは販売もさせてもらってるけど、良かったらお一つどう(笑)?
そうま
はい、ぜひ欲しいです〜(笑)!

 

<大輔さんの書をプレゼントした生徒さんの数々>

そうま
大輔さん、あの〜、お願いがあるんですけど。僕にも良かったら文字を書いてもらえませんか?
大輔さん
おっ、いいよ〜!

ということで、本当に書いてもらいました(嬉)。

大輔さんの作品と魂Tと一緒に

そうま
大輔さん本当にありがとうございました!大切にします〜!

 

質問その3.『ずばり、クロスロードの魅力を一言で表すと?』

そうま
大輔さんがクロスロードに来られて約2年経とうとしていますが、クロスロードの魅力をずばり一言で教えてもらえませんか?

「変で面白い!」

大輔さん
変!だね。
そうま
本当に一言(笑)。他にもありませんか(笑)?
大輔さん
あとは、面白い!だね!
そうま
変で面白いですか!
大輔さん
うんそうそう。変で面白い、それはイコール最高ってことだよ〜!クロスロードには旅人が多く集まる学校だからね。旅人の共通点はその人が面白かったり、生き方が変だったりするんだよ。一つのルールに縛られず、みんなお互いを認め合って学びあえる場所。そういう人からもらえる刺激は半端ないぜ☆

 

「”いってらっしゃい”と、”おかえり”がある場所」

生徒さんの見送りの時

大輔さん
あとクロスロードでは生徒の最後の日を見送ることにしてるんだけど、不思議とその時生徒さんに思うことは「いってらっしゃい」なんだよね。寂しい気持ちはもちろんあるけど。そして、またクロスロードにふらっと立ち寄って来てくれたり、インターンや生徒として戻って来てくれたりすると、「おかえり〜」ってなるんだよ。
そうま
クロスロードは、もうみんなの家のような存在ですね!アットホームな雰囲気が滲み出てますー!

いってらっしゃい〜!!

大輔さん
いやー本当にそう思うね。旅人はそういう家のような所に、自然と引き寄せられると思う。クロスロードはそういう意味で、これからもみんながフラッとまた戻って来たくなる学校を目指していこうと思ってるよ。これでクロスロードの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいなぁ(笑)。
そうま
もちろん伝わってますよ!今回の大輔さんのインタビューから、クロスロードの魅力を更に知ることができました。本当にありがとうございました〜!

 

大輔さん
あっちなみに僕らの旅はまだ途中だからね。クロスロードに関わらせてもらいながら、また夫婦でふら〜っと旅もしたいと思ってるよ。

 

まとめ:大輔さんの人情味溢れる自然体な人柄がクロスロードの魅力の一つ

以上、旅人英語学校クロスロードの運営スタッフ平田大輔さんのインタビュー記事でしたが、いかがだったでしょうか?

クロスロードの自称、”なんでもおじさん:大輔さん”の人情味溢れるいつでも自然体な人柄から、クロスロードの良さが伝わってきたのではないでしょうか?大輔さんの言葉一つ一つは飾っていないありのままの気持ちから語られるので、私自身いつも以上に熱が入り楽しく記事を書かせていただきました。

大輔さん、今回はインタビューに応じていただきありがとうございました!

平田大輔さんの世界一周に関する記録をまとめた記事は、こちらからご覧いただけます。ぜひ、こちらの記事も読まれてくださいね。

【書道x世界一周】テーマのある旅を成功させた世界一周夫婦の物語

これからフィリピン留学を考えている方へ

私たちはセブで旅人のためのの英会話スクールCROSS×ROADを運営しています。

  • 世界一周準備コース
  • ワーホリ準備コース
  • 海外就職準備コース
  • ベーシック会話コース

の4コースがあり、実力にあわせて完全オーダーメイドの英語カリキュラムを作り、全コース共通で留学までの事前学習からサポートします。

セブ留学を検討している方はぜひ下記の画像をクリックしてCROSS×ROADのHPで詳細情報をご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

そうま

フィリピン・セブ島拠点のWebライター・ブロガー・筆文字アーティスト。27歳で会社を退職し、単身セブにて英語・IT留学アクトハウスへ。ブログサイト名、Sohmac(そーまっく)運営。セブを拠点にしたフリーランスという、20代後半で新しい生き方に挑戦し続けるリアルな心情をブログで発信しています。